ミュージックカフェコンサートに向けて!

投稿日:2017年12月17日

あと1週間になりました!

 

自分の講師演奏2曲、生徒さんのピアノ伴奏、ギターの子の伴奏、

曲数は多い!

 

プログラムの作成に、慣れないパソコン作業で数日かかる!

席決め、会場主さんとの打ち合わせ数回!

楽しい催しが できないか?頭グルグル🌀

生徒さんのリクエストもできないか  考えてみる!

 

いろんなシュミレーションを頭の中でやってみるのだけど、

よし!これで決まり!これで行こう!  とは、すんなり行かない!

 

その上 、最近 私が寝込んでしまったために、レッスンできてない人も多い!

 

しかーし!!!

うちの生徒さん 優秀!!!

自分でちゃ〜んと 仕上げてくれてる!!!

 

そして、私が落ち込んでる時、身体が辛い時、

純でかわいい顔して「先生 大丈夫ですか?」と子供なのに気遣ってくれる!

とても 癒される♡

仕事やってて良かったと思う!

 

レッスンで、エネルギー消耗する時もあるが、

なんて ピュアでかわいいんでしょう!と、エネルギーをもらう時もある!!!

 

あと1週間!  先生も頑張るね!!!

みんなで良い思い出にしようね!!!

 

 

ゴールデンエイジとは?

投稿日:2017年12月16日

それは、小学校の高学年から中学にかけての

成長著しい時の、勉強もスポーツも楽器演奏も、

全てにおいて大きく成長できる年齢のことです!

 

幼稚園入園前の数年ピアノを習うのと、

ゴールデンエイジにやめずに続ける期間が同じだったとしたら、

断然ゴールデンエイジの方が、月謝の費用対効果は大きいのです!!!

 

エコノミストがよく言ってます!

「子供のいる家庭では、使い時と貯め時があります!

小学高学年から大学卒業までは、使い時!(必然的に)

子が生まれて小学校へ行くまでが、貯め時!

(この期間にしっかり貯めましょう」と。

 

だから、「3才までに 絶対音感つけなければ!」とか、焦って

早くに習わせればいい、というものではないのです!

 

その時期は貯めておいて、小学高学年以降の

断然成長率の良い期間に、できるだけ長く、習わせてあげてほしいのです!

 

中学、高校まで習ったのと、小学生の途中でやめたのでは、

大人になってから感を取り戻して弾ける楽しみ方が変わってきます!

 

前者は、さらに難しい曲にチャレンジでき、

後者は、「昔習ってたけど、全然弾けない」

というふうに、ハッキリ分かれます!

 

お子さんに、どちらの道を進んで欲しいですか?

 

ピアノを習い始める年齢 2の巻

投稿日:2017年12月11日

ピアノを機嫌良く習っていた子が、

突然やめる時期は、小学生高学年辺りからです!

 

せっかく、今までコツコツと努力してきて、

「やっとこれから好きな曲がたくさん弾けそうになってきたね!」

という頃に、ズバッとやめてしまう!

 

Why?

 

部活や塾に忙しい、そして大きな要因として

「経済的にしんどくて」ということがあげられます!

 

最近は、中学受験は当たり前、そのためには、遅くとも、

小学中学年から塾に通いだし、年齢が上がるにつれて、科目も増え、

その分 月謝もアップ⤴️

 

だから、受験に関係のないピアノが、習い事リストラの対象になります!

母「あんた、自分から進んで練習してないやんか?

そんなんやったらやめなさい!」

子は、ピアノの毎週の宿題をしなくて済む!ラク〜〜 ♪♪「やめるやめる〜」と!

 

私が、お引き止めしたい理由は、この頃の子供は、

「ゴールデンエイジ」という、特別な年齢に

さしかかっているということです!!!

 

解説は、明日 ・・・

 

ピアノを習い始める年齢 1の巻

投稿日:2017年12月10日

お子さんが、2〜3才ぐらいになってくると、

「今の時期に、情操教育をしなければ、手遅れになるんじゃないかしら?」

と焦る親御さんも多いかと思います!

 

私個人の意見を申し上げますと、

まだ 早いと思います。

 

まれに、3才で自分の意思で、ギターを習いたいと来て、

今も中学生で上手になっておられるお子さんもいらっしゃいますから、

多少の個人差はあると思います。

が、年中さんになるまでは、指の巧緻性(細かなことができる能力)が

まだ発達していません。

楽器を弾くところまで、指の器用さが発達していないのです!

ピアノで遊び弾きぐらいは やって、楽器に親しんでおいたらいいと思います。

 

この時期に、お家でできること、ぜひやっておいてもらいたいこと!

それは、クラシックの有名で聴きやすい曲のCD、(You TubeでもOK)を

たくさん、繰り返し、聴かせてあげてください!

 

それで充分です!

母子一緒に、「ママこの曲好きやわ ♪♪♪   ○◯ちゃんはどれ好き?」

て、きいてあげたり、音楽に合わせて抱っこして揺れてあげたり、

身体を動かしたり、跳んだり、、、

 

これだけで、リズム感、拍子感、テンポ感、音楽の情緒、感情、

いろんな(ハ長調など)調が持つ雰囲気、世界各国の異国情緒あふれる空気感、

これらを全て、「一緒に聴く!」だけで、子供は吸収します!!!

この時期の子供の耳はすごいです!

 

CD一枚でも、安くて100曲も入ってるものがありますし、

繰り返し聴いたら、結構値打ちがあります!

 

0才からの、1歳からの・・・とかいう教室は、

早く生徒を囲い込みたい青田買いの商売です!

悪くはないです! それなりに価値はあるでしょう!

親子ハッピーになれたらいいでしょう。

 

しかし、私が思うに、もったいないと思うのです!!!

何がもったいないかは、明日!!!

 

 

1週間 ピアノに触れなかったら?

投稿日:2017年12月9日

先週、大阪へレッスンを受けに行き、バテて1週間寝込んだ!

 

家事もな〜んにもできなかった!

もちろん ピアノのある部屋にさえ入らなかった!

 

昨日、ちょっと体調がましになったのと、

カレンダーの日付の数字が ズンズン 大きくなることに、

非常にプレッシャーを感じ始めたから、

1週間ぶりに恐る恐るピアノを弾いてみた!!!

 

今月のミュージックカフェコンサートに弾く曲だ!

 

ハッキリ言って、頭では譜面を忘れかけている!

「あ〜〜あ〜〜! あんなに頑張って練習して、遠くの先生にも

見てもらいに行ったのに、1週間も寝込んでピアノを弾けなくなるとは・・・

 

こんなことなら、レッスン行かずに家で練習してた方がマシだったのかな〜?と、

母の「なんでそんな遠い所まで行かなあかんねんな〜?」の声が、

耳に こだました!!!

 

しかーし!!!いざ弾いてみると、なんと!指が 1 週間前と同じぐらいの感覚で

動いてくれるではないか!!!

 

ホ〜ッとした!

やっぱ、身体に入るまで弾いたからやわ!

 

これ大事!!!

身体に入るまで!!!

無意識に弾けるぐらいまで練習する!

そうすれば、多少緊張しても大きなミスにはならない!

チョックラ休んでも、すぐ取り戻せる!!!

 

よく 大人の生徒さんが言われる「家やったらうまいこと弾けるんやけど」は、

きっとまだ、身体に入るまで、違うこと考えていても勝手に手が動くまで、

弾かれてない、てことなんだろうな〜・・・

 

生徒さん達!  私も一緒だよ!  覚えられない、焦り、腱鞘炎に苦しむ、

私なんかおまけに「ピアノの先生やのに」という肩書き背負って

弾かなあかんねんよ!

「先生はまちがえない!」というプレッシャーも上乗せされて!

一緒にがんばろら〜!!!

次の5件へ >>