ブログアーカイブ

ミュージックカフェコンサートに向けて!

あと1週間になりました!

 

自分の講師演奏2曲、生徒さんのピアノ伴奏、ギターの子の伴奏、

曲数は多い!

 

プログラムの作成に、慣れないパソコン作業で数日かかる!

席決め、会場主さんとの打ち合わせ数回!

楽しい催しが できないか?頭グルグル🌀

生徒さんのリクエストもできないか  考えてみる!

 

いろんなシュミレーションを頭の中でやってみるのだけど、

よし!これで決まり!これで行こう!  とは、すんなり行かない!

 

その上 、最近 私が寝込んでしまったために、レッスンできてない人も多い!

 

しかーし!!!

うちの生徒さん 優秀!!!

自分でちゃ〜んと 仕上げてくれてる!!!

 

そして、私が落ち込んでる時、身体が辛い時、

純でかわいい顔して「先生 大丈夫ですか?」と子供なのに気遣ってくれる!

とても 癒される♡

仕事やってて良かったと思う!

 

レッスンで、エネルギー消耗する時もあるが、

なんて ピュアでかわいいんでしょう!と、エネルギーをもらう時もある!!!

 

あと1週間!  先生も頑張るね!!!

みんなで良い思い出にしようね!!!

 

 

ゴールデンエイジとは?

それは、小学校の高学年から中学にかけての

成長著しい時の、勉強もスポーツも楽器演奏も、

全てにおいて大きく成長できる年齢のことです!

 

幼稚園入園前の数年ピアノを習うのと、

ゴールデンエイジにやめずに続ける期間が同じだったとしたら、

断然ゴールデンエイジの方が、月謝の費用対効果は大きいのです!!!

 

エコノミストがよく言ってます!

「子供のいる家庭では、使い時と貯め時があります!

小学高学年から大学卒業までは、使い時!(必然的に)

子が生まれて小学校へ行くまでが、貯め時!

(この期間にしっかり貯めましょう」と。

 

だから、「3才までに 絶対音感つけなければ!」とか、焦って

早くに習わせればいい、というものではないのです!

 

その時期は貯めておいて、小学高学年以降の

断然成長率の良い期間に、できるだけ長く、習わせてあげてほしいのです!

 

中学、高校まで習ったのと、小学生の途中でやめたのでは、

大人になってから感を取り戻して弾ける楽しみ方が変わってきます!

 

前者は、さらに難しい曲にチャレンジでき、

後者は、「昔習ってたけど、全然弾けない」

というふうに、ハッキリ分かれます!

 

お子さんに、どちらの道を進んで欲しいですか?

 

ピアノを習い始める年齢 2の巻

ピアノを機嫌良く習っていた子が、

突然やめる時期は、小学生高学年辺りからです!

 

せっかく、今までコツコツと努力してきて、

「やっとこれから好きな曲がたくさん弾けそうになってきたね!」

という頃に、ズバッとやめてしまう!

 

Why?

 

部活や塾に忙しい、そして大きな要因として

「経済的にしんどくて」ということがあげられます!

 

最近は、中学受験は当たり前、そのためには、遅くとも、

小学中学年から塾に通いだし、年齢が上がるにつれて、科目も増え、

その分 月謝もアップ⤴️

 

だから、受験に関係のないピアノが、習い事リストラの対象になります!

母「あんた、自分から進んで練習してないやんか?

そんなんやったらやめなさい!」

子は、ピアノの毎週の宿題をしなくて済む!ラク〜〜 ♪♪「やめるやめる〜」と!

 

私が、お引き止めしたい理由は、この頃の子供は、

「ゴールデンエイジ」という、特別な年齢に

さしかかっているということです!!!

 

解説は、明日 ・・・

 

ピアノを習い始める年齢 1の巻

お子さんが、2〜3才ぐらいになってくると、

「今の時期に、情操教育をしなければ、手遅れになるんじゃないかしら?」

と焦る親御さんも多いかと思います!

 

私個人の意見を申し上げますと、

まだ 早いと思います。

 

まれに、3才で自分の意思で、ギターを習いたいと来て、

今も中学生で上手になっておられるお子さんもいらっしゃいますから、

多少の個人差はあると思います。

が、年中さんになるまでは、指の巧緻性(細かなことができる能力)が

まだ発達していません。

楽器を弾くところまで、指の器用さが発達していないのです!

ピアノで遊び弾きぐらいは やって、楽器に親しんでおいたらいいと思います。

 

この時期に、お家でできること、ぜひやっておいてもらいたいこと!

それは、クラシックの有名で聴きやすい曲のCD、(You TubeでもOK)を

たくさん、繰り返し、聴かせてあげてください!

 

それで充分です!

母子一緒に、「ママこの曲好きやわ ♪♪♪   ○◯ちゃんはどれ好き?」

て、きいてあげたり、音楽に合わせて抱っこして揺れてあげたり、

身体を動かしたり、跳んだり、、、

 

これだけで、リズム感、拍子感、テンポ感、音楽の情緒、感情、

いろんな(ハ長調など)調が持つ雰囲気、世界各国の異国情緒あふれる空気感、

これらを全て、「一緒に聴く!」だけで、子供は吸収します!!!

この時期の子供の耳はすごいです!

 

CD一枚でも、安くて100曲も入ってるものがありますし、

繰り返し聴いたら、結構値打ちがあります!

 

0才からの、1歳からの・・・とかいう教室は、

早く生徒を囲い込みたい青田買いの商売です!

悪くはないです! それなりに価値はあるでしょう!

親子ハッピーになれたらいいでしょう。

 

しかし、私が思うに、もったいないと思うのです!!!

何がもったいないかは、明日!!!

 

 

1週間 ピアノに触れなかったら?

先週、大阪へレッスンを受けに行き、バテて1週間寝込んだ!

 

家事もな〜んにもできなかった!

もちろん ピアノのある部屋にさえ入らなかった!

 

昨日、ちょっと体調がましになったのと、

カレンダーの日付の数字が ズンズン 大きくなることに、

非常にプレッシャーを感じ始めたから、

1週間ぶりに恐る恐るピアノを弾いてみた!!!

 

今月のミュージックカフェコンサートに弾く曲だ!

 

ハッキリ言って、頭では譜面を忘れかけている!

「あ〜〜あ〜〜! あんなに頑張って練習して、遠くの先生にも

見てもらいに行ったのに、1週間も寝込んでピアノを弾けなくなるとは・・・

 

こんなことなら、レッスン行かずに家で練習してた方がマシだったのかな〜?と、

母の「なんでそんな遠い所まで行かなあかんねんな〜?」の声が、

耳に こだました!!!

 

しかーし!!!いざ弾いてみると、なんと!指が 1 週間前と同じぐらいの感覚で

動いてくれるではないか!!!

 

ホ〜ッとした!

やっぱ、身体に入るまで弾いたからやわ!

 

これ大事!!!

身体に入るまで!!!

無意識に弾けるぐらいまで練習する!

そうすれば、多少緊張しても大きなミスにはならない!

チョックラ休んでも、すぐ取り戻せる!!!

 

よく 大人の生徒さんが言われる「家やったらうまいこと弾けるんやけど」は、

きっとまだ、身体に入るまで、違うこと考えていても勝手に手が動くまで、

弾かれてない、てことなんだろうな〜・・・

 

生徒さん達!  私も一緒だよ!  覚えられない、焦り、腱鞘炎に苦しむ、

私なんかおまけに「ピアノの先生やのに」という肩書き背負って

弾かなあかんねんよ!

「先生はまちがえない!」というプレッシャーも上乗せされて!

一緒にがんばろら〜!!!

言葉が伝えるもの!

ものすごく敬語を多用しているのに、

「冷たっ!!!」  と感じ、その人との距離が

すごく遠く感じる文章がある。

 

カタコトの日本語で、しかもローマ字で、

「Murishinaide

Hayaku genkidene!」

というあったかさ。

 

むやみに敬語を重ねればいいというものではないね!

「あなたとの距離感を詰めたくないんです!」と思ってるのが分かる。

 

人生って、ホントに 学びに終わりがない!

自分だけのことなら、よし!身につけた!と思っても、

相手のあること、それぞれがいろんなタイプだと、

それに対応する能力が必要になってくる。

 

人生って、ホントにこれでいいってことがないね!

ベストな演奏をお聴かせしたくて!

遠いピアノの先生のお家に行った明くる日から

へたって、寝込んでしまった!

 

エレベーターに乗る、タクシーに乗る、寄り道しない、

消化の良いランチにしとく、夜は惣菜買う、、、、

いろいろ工夫をしたのだけれど、へたってしまった!

 

母に、「なんでそんな遠い先生の所に行かなあかんのんな?

適当に弾ける曲を弾いといたらええやんか?」と言われた。

 

私、適当に手を抜くということが、苦手です!

こんな私だから、習ってくれてる生徒さんもおられます。

 

今回は、この曲でないとダメなんだ!!!

そのためにスペインへ行ったんだ!!!

もう、スペインへ行く前から、この筋書きが、頭にあり、

美容室のお兄さんにも、計画を話していて、

「それ、ステキですねー ♪」と言ってもらっていた!

やりたい事は、他人に話した方が、実現しやすいという!

 

「私、マジョルカ島に行ってみたいんよね〜!」

このつぶやきを何度も何人もに繰り返して、実現したのだ!!!

 

だから、母よ!

私は  この計画を、ええ加減な演奏で、生徒さんに

お聴かせしたくないのよ!!!

言ってもわからないだろうけどね・・・

 

 

 

 

 

まだ 蚊らおる?

夏、寝ている時に耳元をかすめる蚊の飛ぶ音に

起こされた時の腹立ちは、皆さん経験があると思う。

 

うちは、対策として、蚊取り線香や電気のリキッドやら、

やってみたけど、効果無し!

結局、「蚊帳(かや)を吊る!」という原始的な物理的方法に

落ち着いた!

 

それは、それでいいのだけれど、

 

夕べ、もうすっかり気温も真冬並みになってきたから、

蚊帳を吊らずに寝てみたら、

あ〜〜〜〜!!!

またしても、忌々しいプーンの音が!!!

あの音、「ラ」の音らしいですね!

その時は、腹立ってるから、「ラ」の音だな!?とか

考えてる余裕はない!

 

直ちに、蚊帳吊る!か退治する!の選択をしなければならない!!!

 

こんな調子で、うちは、蚊帳を吊らなくていいのは、

1月 2月だけである。

 

充分に寒いのに、亜熱帯気候のような道具の使い方!

 

実家の貴志川よりは、気温は少しは高いかもしれない。

内陸と海に近い紀ノ川河口付近では、違って当然だ。

 

でも、山登りに行くんか?てほど、着込まないと寒いのに、

蚊帳吊る!て、どうなってるんだ💢

 

来月からの2か月間の、「あ〜〜〜〜 何も覆われていなくて自由 ♪♪♪」

ていうのを、ぜひ、新年早々味わいつくしたい!!!

 

分かるまい!!!この喜び ♪♪♪

 

なんば駅も国際化

久々 なんば駅で乗り換え

ホーム上部の掲示板には、英語はもちろん韓国語も印字されてる!

構内放送ではフランス語も流れてる!!!

フランス語流れてる所初めてやわ!

 

そういえば、なんば駅って、大阪から高野山へ!

関空からラピートで大阪、京都へ!

乗り継ぎに便利だもんね ♪

 

ここ数年、よそがアジア各国の観光客が多い中、

高野山は、欧米人が多い!

欧米人!大くくりしてしまうのは、ヨーロッパのどこの国から

来たでしょう?  には、サッパリ答えられない!

アメリカは、混血や移住の人も多いしね!

 

逆に、欧米人から見たアジア人が、

チャイニーズなのか?ジャパニーズなのか?は分からないだろう!

 

だって、私らだって、アジア人観光客が、日本人じゃないのは

雰囲気で分かるが、どこの国の人なのか?までは、当てられない!!!

 

タイに仕事で赴任されてたおじさんに、聞いてみた!

「日本に来てるタイの人って、見分けつきますか?」

おじさん「タイでも、中国寄りの人、南方寄りの人、それぞれ違うから

分からないねぇ!」と言われた!

 

住んでた人でもわからないんやから、

私らがわからないのも ムリないか?!

 

まぁ、いろんな国の行き来で、各国の文化や人の理解が深まるのは

いいことだ!

 

世界平和への第一歩だからね!

 

 

やっぱ レッスン受けに行ってよかったわ〜♪

先生のお宅は遠い。

往復6時間!

体調の管理が難しい!

 

駅の階段多し!

ここは、少し待っても エレベーターで行こう!

帰り、バス停までにタクシーが来たら乗ろう!

来ない、北風に体温を奪われる中 バスを待つ!

バス停で一緒に待ってた兄ちゃんが、咳をしてる!

この兄ちゃんと、同じバスに乗りたくない!

遠くにバスが見えた!

その2台前にタクシーが見える!

エェイ!タクシーに乗っちゃえ!身体優先じゃ!

 

大阪駅は、新しくなって訳分からない!

きらびやかな見慣れない景色を、標識だけを頼りにさまよう!

 

道中は、大変だけど、やっぱ レッスン受けに行って良かった!

独りよがりの演奏になっていた!

もうええ歳なんやから、自分の解釈で弾いても良さそうなもんだが、

世界的なコンクールで優勝した人でさえ、さらに留学して勉強すると聞く!

そんなら、うちら、絶対レッスンに行かなあかんわ!!!

 

CDを複数枚聴いて、チョットそれに影響を受けて替えたところ、

全部 先生にダメ出しされ、全て裏目に!!!

 

言われたら、確かに先生の言われる方が、理にかなってる!

 

街が 変わっていく!

周りの人も変わっていく!

自分も毎日 変化し続けていこう!!!

と、地下鉄のホームで、 前の人達を早足に追い抜きながら、

頭にポン!と出てきたキーワードでした!!!