ブログアーカイブ

先生たちとの話し合い、決着!

放課後、ガンとして、文化祭での
舞台を否定されて許せない私達と、
批判したとされる他クラス担任先生
との話し合いは、ずっと平行線で、
長時間が過ぎた。

 

いつも穏やかで優しい教頭先生が、口を開いた!

(もう何十年も前のことだから、
正確ではないかもしれないが)

 

「特別指導学級の子達のことは、
君たちに頼む他ないのだから、
どうか、これからもよろしく頼む!」と、

 

涙ながらに おっしゃった!!!

 

教頭になられるぐらいだから、
結構なおじさん先生だ!

 

その優しい教頭に、涙ながらに
頼まれたら、もう 私達は、
「はい、分かりました。」
と、引き下がるしかなかった。

 

舞台で暴れた子の反省の言葉も
クラスで聞き、この年は、これで
一応苦い思い出として、文化祭を
終えたのでした!

ひどいわ!先生!

文化祭の合唱の本番中、一人の
特別指導学級の子がとなりの子を
つき飛ばし、残念な結果に終わった!

 

けれど、私達は決してその子を
恨んだ訳ではなく、んー? 言わば、

「自分ん家の子が、しでかしてすみません」

みたいな気持ちだったと思います。

 

ところが、他のクラスの子が、

「うちの担任が、あんなになるなら
最初から止めといたらよかったのに!
て言ってたで」

と聞いて、私ら数人は先生がそんな感想を

持つなんて、許せない!と、泣き出したのでした!

 

それを副担の先生が見つけ、担任の耳に入り、

教頭の耳に入り、大ごとになっていきました。

言ったとされた他クラスの担任と、うちの担任と、

教頭を交えて、先生3人と私達数名が話し合いに!

 

他クラス担任に「誰がそんなことを 言ったのか?

言いなさい!」と言われたけれど、私達は、言うと
その子が叱られるような気がして
誰も口を割りませんでした!

だって、先生の見方がまちがってるんだから、

その子には関係ない!と思ったのでした!

他クラス先生は、「そんなこと言ってない!」と

言い張るし、私らは、先生はいくらでも
言い逃れの言葉を持ってるだろうから
「先生!許せない!」と、話し合いは
平行線をたどり、かなりの時間が過ぎました。

 

私らが納得し、話し合いに終わりを
見たきっかけは、教頭の涙だった!

文化祭で暴れる事件!

私が、特別指導学級の子と、
英、国、数、理、社、以外は
一緒に授業を受けていた中学時代の一年目、

文化祭は合唱を彼らを含め
クラスで練習し、披露しました!

 

本番、歌っている途中、舞台上で
一人が隣の子をつき飛ばし、一部の
子らは巻き込まれて、全校生徒の前で、
えらい失態を見せることになって
しまったのです!

 

私達は、せっかく練習してきたものだから!

という ショックはあるものの

全校集会や遠足でも、そういう事は
日常茶飯事だったので、まぁ そんな
こともあるわな!と思っていたのですが

 

終わってから、他のクラスの子が、
「うちの担任が、あんなになるなら最初から

止めといたら良かったのに!て言ってたで!」

と言ったのを聞いて、

うちら数人の女子は泣き出しました!

特別指導学級の子と同じクラスでした!

中学の  2年間   続けて、特別指導学級
の子達と同じクラスでした。

 

同じと言っても、音楽、体育、美術
HRなどだけ一緒に授業を受け、
その他の科目は別教室でした。

 

始めに特別・・の担任の先生から
「この子はこの年齢ぐらいの知能
なので、悪いことをしてたら、
こんな風に叱ってやってください」

とかいう説明はありましたが、

 

他に、大人しくて、全然ふつう学級
の子と変わらないのになぁ?と
シロウト目には分からない子もいました。

 

逆に、ふつう学級の同クラスの子で、
国語の教科書読みがひどくたどたどしく
エッ? とビックリする子もいました!

 

きっとその子は、今から思うと
ADHD?だったのだと思います。

 

今でこそ、ADHDとか、グレーゾーン
だとかいう認識が言われ始めましたが
当時は、ふつうか特別か?
黒か白か? みたいな分け方でした。

 

私はその子達と関わることが、当然の
ことだと思っていたし、何か手助けが
要ればするし、人に悪いことをしたら
叱るし、一緒に居ることが、
ごく自然なこと!という感じで接していました。

 

しかし、遠足や文化祭、体育祭など、
楽しいイベントに特に、
問題が発生したのです!!!

発達障害

最近メディアでよく聞く言葉です!

親御さんも、我が子が発達障害なのか?

判断しがたいし、専門家に聞いても、
「様子を見ましょう」と言われ、
悩まれてる方も多いと聞きます。

 

ピアノのレッスンをしていても
あります。

 

幼児から習いに来てくれるから、
まだまだ お行儀が悪くても当然!

座っていられない子もいます。
一つのことに集中できない。
やりたい事しかしない。

 

しかし、それが何年も続くと・・・

 

しつけが悪いだけなのか?
元気過ぎて落ち着きがない個性なのか?

 

以前は聞かなかった「発達障害」という言葉。

我々も仕事上、無関係ではなく、
いや!おおいに関心がある。

 

その子には 苦手なのに、
「できるでしょ?」と強要はできない!

しかし、何かしら教える、できるように
させるのが私の仕事である。

 

年齢的な差、同年齢でも個人差、
個性の違いもある訳で、
とてもレッスンしづらいのが、
何が原因なのか?特定することが
困難な場合もある。

 

「他の習い事ではどうなんですか?」
とお母さんに聞いてみたり、
「おウチではどんな様子ですか?」と
聞いてみたり、お母さんと話し合ったり
対策を毎回考えたり、効果があったりなかったり、

そしてまた 考える!

 

本当に、一人ひとりに対応できる!
と言うことは、非常に難しいことです。

我々講師は、気軽に「一人ひとりに
合った教え方をします!」と、
気軽にうたいがち!!!

 

経験と新しい知識、観察、考察が必要!

 

ピアノの先生というと勝手に、

優雅に楽にやってると思われがちですが、
決してアンチョコにしている仕事では
ないのです!

 

次回も私の中学時代の経験から・・・

フラメンコ の発表会に出ます!

今の先生について、まだ4カ月!

なのに、おそれ多くも十何年もそこで
習っている方と同じ舞台に立つのは、
恐縮します!

でもね、舞台度胸だけはあるのです!

だって、フラメンコ の発表会って、
クラスのみんなで群舞で踊ることから
スタートします!

ソロで踊れるのは、かなり上手に
なった人だけ!

 

ピアノの発表会は最初からソロでした!

だから、ステージに一人きり!
てのは、慣れてるんです!
今回は群舞ですが。

がんばります!!!
としか、今は言えません!

ただ、私のフラメンコ 人生は、
断続的ではあるものの、
累計すると結構長いので、
人生かけて踊ります!!!

カンテ(歌)、ギターはプロですし、
マリベル先生も踊られる予定です!
やっぱスペイン人、ど迫力ですよ!!

よろしかったら、観にいらして
下さいませm(_ _)m

 

マリベル セグラ フラメンコ 教室
和歌山クラス発表会

2018年 7月21日 土曜日 15時30分〜
場所 ライブ スペース MOMENTS
¥3000 + 1 ドリンク別

お問い合わせは、前田桂子まで
TEL 080-3853-1074

カフェに音楽いらないよ〜

日本の飲食店は、よく音楽がかかってる

スーパーでもその店オリジナルの曲が
毎日かかってる。

 

私らの仕事、いろんな曲を教えた覚えが
あり、それにまつわる良い思い出も、
悪い思い出も、聞いただけで、
フイ〜〜!とすぐ蘇る。

 

だから、無になりたくて食事や
お茶タイムに行っているのに、どうも
脳内が騒がしい!!!

 

いっそのこと、音楽無い方がいい!

 

だって、音楽がドレミで主張してくる
から(勝手にドレミで聞こえ、勝手に
何拍子か認識し、転調したな!
この音色はあの楽器だな!
アレンジはあれ風だな!?

と、脳が休む間も無く勝手に働く!

 

精神的に休まらない!

職業病や!!!

 

音大入試の時に、しこたま聴音
(聴いた音を書き取る試験)の練習
をしたために、こんな脳になってしまった!!!

 

ふつうの人のように、BGMとして
聞き流したい!!!

 

いっそ、外国のレストランのように、
食器のカチャッという音と、人の
ボソボソとした話し声だけにしてほしい!

 

日本は、丁寧過ぎたり、過剰だったりして、

放ってくれた方が楽な時がある!

 

トラックかダンプカーが鳴らすクラクションを、

とっさに、「コードネーム   A!」と言ってしまう!
(2つ以上の重なる音を重音、和音と
言い、その和音にアルファベットで

名前がついてるものをコードネームという)

そんな自分が煩わしい!!!

 

そういえば、私の行きつけの美容室の
お兄さんも、出かけたら必ず人の髪型
を見る!て言ってたな!?

 

職業病は仕方ないから、聞こえてくる
音を受け流す修行をしまーす!!!
いちいち音楽や思い出に心とらわれて
いたら、身がもちません!!!

 

聴く修行したら、今度は聞かない修行かよ〜!?

♪ 右から〜聞こえた音を〜左に〜受け流す〜♪

ケンカも悪くない

親子ゲンカ、兄弟ゲンカ、夫婦ゲンカ
いずれも 遠慮がないため、バンバン
してしまう!!!

 

しかし、それも悪くはない!!!

なぜなら、互いの価値観、立場の違い
自分の至らなさが、浮き彫りになるから

 

そして、なぜかまた、何事もなかった
ように元通りに仲良くやってる!

 

だから、ひどくやり合って、決別した
他人でも、もう一度元の関係に
戻れるんじゃないか?と思った!

 

まず、頭の中の理性の部分を活躍させて
最善の方法、と思われる手で、自分が
一歩賢くなり、しかし立場は相手を
たてて、速やかにアプローチする!

自分の割り切れない怒り、憎しみ、
つじつまの合わないことへの不平感、
それらは、時間をかけて、自分の中で
poco a poco (伊)少しずつ
消化していけばいい!

 

自分の硬い心をぬぐうのに、
半年かかった!
でも、その人に笑顔で会えた!

ケンカ慣れ!? しとくのも大事だな!

善と悪、二つだけがあるのではない!

下の子、連れて行ってもいいですか?

と、お問い合わせの時に、よく
聞かれます!

 

「全然大丈夫です!」とお答えして
います!
むしろ内心「いや〜ん!そんなに
ちっちゃくてかわいい子 ♪♪
絶対連れて来て〜〜 ♪♪♪」と
思っています!

 

まだママに抱っこされたままの
赤ちゃん ♡
座ったらぐずるからって、ずっと
ママ立ったままで揺れてらっしゃる!
ママの身体への負担も大変だろうな?
と、お察し致します!

 

でも、あんよが、ハムに輪っかはめた
みたいにムックリしてかわいい!!!

 

何を見るのも、にごりのないまっすぐな
目!!!

自然とこちらを神聖な気持ちにさせる。

 

この子の目には、決して、
ウソ、偽り、腹黒さ、軽薄さ・・・
そういった一切の人間の悪の部分を
映してはいけないな!!!という
純朴さと対峙する時の、こちらの
陰の部分を戒めずにはいられない!

昨日の悪ガキ

先日、ゴールドのラメ入り
アイシャドウをつけて、レッスンに
のぞんだら、「先生!なんでそんな
ギラギラとわざとオバケみたいに
コワくしてるの?」と言った小3男子!

 

昨日は、お月謝を受け取って、サイフに
大事なお金を収めていたところ・・・

「先生1億円ぐらい持ってんの?」

(そんなに持ってたら仕事してないわ!)

「持ってないよ!」

「エッ?先生、商売なん?」

 

あんまり、どストレートにこられたから
私も返事に困って
「・・・あんまりピアノ教室を商売で
やってますねんて言う人はないけどな!」

という返答に終わってしまいました!

 

もっとおもしろい返しができたのでは?
と後になって、とても悔やんでいます!

 

ヤツには、二敗してるので、いつか
ギャフンと言わせてやらねば!と
思っているのですが、見た目がまだ
可愛らしいため、悪だくみをするのを
つい忘れてしまうのです!