ブログアーカイブ

本との縁

主人は、本屋さんの陳列棚を ずーっと見ていって、

読みたい本のタイトルを見つけ、少し中を読んで、買うタイプ。

 

 

私も以前は、「あーっこのタイトル ビビビッときたー!!!」

といった勘で、買ったら、自分の今の境遇にソックリで、鳥肌立った!

ということもあった!

 

しかし、人生は短い!!!

 

買ったけど、「しょーもな💢」

すぐに売りに行ったけど、ハードカバーの新刊なのに、¥100!!!

アホらし!!!

 

という思い出多々あり!!!

 

たとえ良い本でも、何度も読み返さないだろう!

読んで なお必要だと思ったものだけ購入すればいい!という

考えになりました!

 

 

それでも、衝動的にタイトルで買ってしまったり、

他県の楽器屋さんで、レッスン関連の本を見つけて、

和歌山にすぐあるとは限らないから!と、買ってしまうこともある。

(これは、仕事関連だからいいのだ!と言い聞かせ)

 

 

私は、陳列棚を全部見て回る体力がないので、

新聞の新刊広告の本のタイトルに惹かれて、切り抜いて持って行き、

探し読む!パターンが多い。

 

 

たいていは、自分の勘は当たっており、自分の欲している情報と

合致するが、最初から丁寧に読むことは少ないかな?

 

まず目次で、読むに値する本かふるいにかける。

読む価値あるかも!と判断すると、始めから読むが、

途中で、チンタラしてる!と思ったら、目次と太字で書いてある文だけ

ザーッと読み、結論だけいただく!

これは、小説以外で使えます!

 

 

速読の本、なんかも読んでみたけど、自分にはできないけど

新聞のテレビ欄で 1 分以内で  1 日の観たい番組をチェックできる、てことは

出来てる、てことなんかな?

それはみんなできてるか!? (笑)

 

 

 

 

 

本との縁

新聞の本の広告に載ってたのを、いくつも切り抜いてずっと

財布に入れて、機会があれば読みたいと、懐で温めている。

 

読む機会ができて、本屋で座り読みを始めた(買わへんのかい?!)

基本、本は買わない!

内容が頭に入ればよいので、それを何度も読み返しはしないと

分かっているので、最近、座って読んでもいいよ!という

太っ腹な本屋さんが増えたので、甘えて近くの本屋さんでもう

何十冊か何百冊かわからないくらい読んだ!

 

 

ニッチモサッチモいかなくなった時、本には、即効性はないが、

後からジワジワとたまっていった知識、知恵、に助けられる時がある。

 

 

本と自分の間には、縁がある!

昨今の本屋さんの膨大な本の中から、自分が読む!と決める本を

どうやって決めるのか?

それは、千差万別の選び方がある!

大萩さんに聞いた腱鞘炎の予防法 2

少しでもヤバイと思ったら、すぐに練習を中止すること!

充分に休ませること!

練習前後にストレッチすること!

楽譜を読むことに集中して、ムダに指を酷使しないこと!・・・

 

・・・

それらは全て、私も気づいていたことばかりだった!!!

 

なのに なぜ?

彼は、3日に一度ぐらいの長時間の毎回 曲が代わるコンサートをこなし、

私は、しょっちゅう弾けなくなって、やりたいのにできない悶々とした

時期を過ごすことが多いのか???

 

答え!

 

彼はそれを、厳格に守り 徹底しているのだろう!

 

私はつい、「今日 ココ弾けるようになってしまいたい!!!」という、

気持ちが先走り、強引な(速くて強いパッセージを何度も繰り返すなど)練習を

ウッカリしてしまっていたことに、言われて改めて気づかされた!!!

 

弾けない時は、ピアノに向かわずに、しっかり楽譜を読んで、アンプを

完璧にする!

指、音、リズム、どこに拍がくるからこの音を意識する、など、

弾かなくてもできる作業はいっぱいある!!!

 

なのに、ついつい、弾いて音楽が耳に入ってきた方が気持ち良いから、

弾いた方が、練習した気分になるから、

というおそらく そんな理由で、

ムダに指を酷使してきたんだ!!!と気づいた!

 

 

そういえば、レッスンでも、子供も大人も関係なく、

もっと楽譜を見れば、分かるでしょう?簡単でしょう?

と言うことが多い!

 

初心者の人も、弾く事にだけ神経を集中させるから、

ガチガチになり、動かない指に腹を立てている!

 

 

難易度の差こそあれ、結局 私も同じだったんだ!!!と

ショックを受けた!!!

 

 

自分で頭で 気づいていたにも関わらず、それを気持ちに押し切られ、

ついつい指を動かして荒い練習をしてしまっていた!!!

 

 

そういえば、音大生の頃、恐ろしく怖い先生に、

「通学する電車の中でも、楽譜読みなさいよ!!!」と

こっぴどく言われていたのを思い出した!!!

 

 

あーーーー! もう亡き先生!

言われたことを、まだ実践できていませんでした!

ごめんなさい!!!

せっかく、良いことを教えてくださったのに、

「コワイ先生」としか、インプットしていませんでした!!!

 

 

先生の、大萩さんの、ガリガリ弾くばかりが練習でないというアドバイスを肝に命じ、

これからも、精進致します〜〜〜 🙇🏻‍♀️

大萩さんに聞いた 腱鞘炎の予防法

コンサートの前日、お話させて頂く機会があって、

3日に一度ぐらいのコンサートを、しかも 今回みたいに、演者の相手が

全部違う!曲目も全部違う!となると、練習量がハンパないと思う!

一回あたりのコンサートの演奏時間も、1時間半〜2時間!

オケと一緒のコンチェルトもある!

 

 

なぜに 手を痛めずに 練習できるのか?不思議でならなかった!

 

手の構造は複雑!

 

骨だってたくさんある!

高校生でやっと、大人の骨の数が揃うと、どこかできいた!

 

関節も多いし、筋肉も小分けになっていて、

だから指一本一本がバラバラにうごかせる。

 

筋肉には、腱が必ず付いていて、腱がとっちらからない様に、

腱を束ねるトンネルのようなものが、各所あり、

そのトンネルと、腱が何度もこすれることで、炎症が起き、

腱鞘炎になるらしい!

 

私も若い頃から、腱鞘炎持ちで、必死で頑張るほど

痛めやすく、頑張らなければ上手くならない!という

ジレンマを抱えて今までやってきた!

 

で、私、大萩さんに聞いてみた!

すると

「僕も、あっ 危ない!て時ありまよ!

その時はすぐに止める!」

私、(うんうん 私もそうしてますよ)

さらに、もっともっと 聞いた!!!

 

 

ギタコン 続き

今月 7日に行われた ギター大萩康司と伊藤芳輝 のギターコンサート

 

一部と二部にギタリスト各々がソロを弾くコーナーがあった。

一部は伊藤さん。

二部は大萩さん。

クラシックの、アルハンブラの思い出、タンゴ アン スカイ など、

ギターソロの有名な曲を弾いてくださり、

お客も大喜びでした!

 

さすが、いつもきっとコンサートで弾き慣れておられる曲だから、

余裕な感じが ますます カッコ良かった!

 

何より お客に分かりやすい!

 

最後から二曲目 「スンマ」はデュオ

限定された音を使い、静かで リズムも淡々として、スローで

弾き終わって、伊藤さんが、「この曲 なんか途中でイーーーーッてなりそうですね

修行みたいですよね!」」とおっしゃった!

 

弾いてる方がそうならば、聴いてる方はもっとイーーーーッとなった!

最後の曲の派手な感じを引き立てるための選曲か?と

推測したが、そういう演出だとしても、

客に修行を強いないでくれ!と思った。

この曲がこんなに素晴らしいのだと、私に解説してくれる人がいたら、

教えて頂きたい!

 

 

ラスト!

感動した!

けど、曲名忘れちゃった!

アレコレ、ブログネタが飛びすぎて、肝心な話の曲を忘れてしまうなんて!

 

ホホホ バカね〜と言うしかない!

 

そんで、いつもはしない、CD買ってサイン会に並ぶ

ということをやってみた!

 

 

伊藤さんの方に1人も並んでいなかったから、

(実は、シャイで はにかみながらボソボソとお話になる様子が

チラシの写真から受ける印象と違っていて、

私、好感を持ってしまった ♪♪♪)

急いで伊藤さんのCDを買って、サインして頂きながら言った!

 

「伊藤さん、あのチラシに載ってる写真より、笑顔の方がかわいいですよ ♪♪♪」

と、失礼だとも思わずに、言ってしまった!

 

伊藤さん「チラシの写真て?」

私「このCDジャケットと同じですよ!

笑われた方が断然かわいいですよ ♪」

 

と、チラシのお顔とは 想像つかない、リスちゃんみたいな(リスが笑うんかい?

というツッコミは無視して)かわいさに、キュンとしたから。

 

大萩さんと3人で、写真を撮らせていただいた!

「伊藤さん、笑って!笑って!」と言いながら!

 

で、先日、ブログに載っけた写真がそれ!

主人が、「私の時と、全然 表情が違うやんか!!!」と 怒ったあの写真です!

 

いつも、生徒さんの良いところを探すクセがついてるせいか、

偉いギタリスト、作曲家でも平気で言っちゃった!!!

 

うわーっ!

関西のおばちゃん丸出しやわ〜!!!

芸能人を誰でも、「あー ○○ちゃん!」とか 身内みたいにしゃべってしまう

よくテレビで見る 関西のおばちゃん!

ひどい時は、芸能人をしゃべりながら、バンバン肩を叩きながら・・・

ズケズケ芸能人や政治家を、ど正直に批評する 関西のおばちゃんに!!!

 

 

あーーー!  とうとう自分もなってしまったんだ〜 !と

一連のことが終わってから気がついたが、

写真から推測するに、ご本人もうれしそうに写って

おられるし、大萩さんも、私が「笑顔の方がかわいいですよ」と言った瞬間、

隣りで ブフーと笑いをこらえておられたから、きっとみんなが

楽しい気分になって、関西のおばちゃんになって、良かったんだ!と

自分をなぐさめた!

 

 

 

ラプソディ イン ブルー 2

それで先日、Eテレのクラシック音楽館を観てたら

小曽根真とアメリカのオケがこの曲で共演していた!

 

アメリカでジャズの一流になった小曽根が、ジャズの要素たっぷりの

ラプソディを弾く!

カデンツァ部分は、絶対に今までに聴いたことのないものに

なるに間違いない!!!

 

 

やはり!!!

聞き応えあるアドリブ!!!

他のピアニストより、きっとうんと長かったと思うが

カデンツァ部分が終わってほしくなかった!!!

ジャズの人は、アドリブが命!!!

アドリブが個性!その人そのもの!

即興だから、その日のお客、本人の気分、演者同士の演奏の会話、

いろんな要素が影響し合って、その日、その場にいた者にしか

体験できない演奏が紡ぎだされる!!!

 

 

他のクラシックのピアニストにない、演奏はもちろん

身体全体で表現しようとしているのが見える!

あんなに普通、 指や腕以外の身体、動かさないもの!

それに、他のピアニスト、あんなにニコニコ笑顔で

楽しそうに弾かない!!!

 

ジャズの人って、ホントに自分が楽しんで弾いてるんだな〜!と

いつも うらやましい!

 

 

クラシックは基本、作曲家の意図を代弁することが使命!

作品に、作曲家に、尊敬の念がなければ、ヘラヘラしてたら、

聴衆に怒られる!

死んだ作曲家にも怒られる!

 

こだわりのあるマニアックなお客もいるからね!

音楽評論家なんかもいるし、新聞に芸術担当の記者が書いた記事が載ってたりもする!

 

ま、ジャズもいるのだろうけど、クラシックほど、厳しい目で?耳で?

チェック、批判してはいないのでは?と推測する。

 

 

クラシック音楽館では、いつもは、スタジオで解説して演奏に入るか、

指揮者のインタビュー映像が流れる。

この曲にどんな思い入れで、聴きどころはどこか?みたいなこと。

 

 

ラプソディの時は、アメリカのオケの指揮者と小曽根が向かい合って

対談形式だった!

と言っても、指揮者は野球帽みたいなキャップをかぶり、

Tシャツ姿!

小曽根も同じくTシャツ!

他の回ではあり得ない見た目!

アメリカらしいというか?
ジャズらしいというか?

もちろん互いに英語で楽しく会話が弾み、指揮者が小曽根をすごく尊敬しているのも

分かり、チョット日本人として、誇らしい気分になった!

 

日本人がクラシックというと、あちら様のものを、

マネさせていただいております!みたいな、

恐縮感がどこかにかすかにあると思うが、

今回は、日本人でもすごいだろう!と指揮者に誇れる!!!

コンチェルトは、オケとソロとの信頼感がなければ、

成立しないだろうから、互いに尊敬し合っている様子は、

これから聴こうとする者にとって、

安心で、期待値がグッと上がる!!!

 

 

そして、割れんばかりの拍手をが終わると、

たいてい アンコールでソロの楽器の人が 弾く

(バイオリンやチェロなら、伴奏の要らないバッハとかが多いかな?)

今回は、それも特別!

 

小曽根誠 本人作曲の曲だった!

タイトル「Asian Dream」

いわゆる、「アメリカン ドリーム」の逆をつけたんだな〜と、

おもしろかった ♪♪♪

 

 

「クラシック音楽館」難しそうな曲もあるけど、たまにこんな風に

聴いてて良かった!!!ていうのに出逢えるから良い!

 

聴かず嫌いな方、BGMとしてでもいいから、

聴いて観てくださいまし!!!

 

 

 

ラプソディ インブルー とは? 1

ガーシュウィン作曲の「ラプソディ イン ブルー」

 

弾けたらいいなぁ ♪と、誰しもあこがれる曲では ないだろうか?

 

1924年 2月 ニューヨーク 「新しい音楽の試み」と題された

コンサートに向けて作曲し、初演された。

 

できた経緯がおもしろい!

1924年 1月3日 他の仕事で多忙だったガーシュウィンが

兄とビリヤード場に息抜きに行った際、

新聞で「ホワイトマンがガーシュウィンに曲を発注した」という

身に覚えのない記事を発見した!

翌日、抗議のためホワイトマンに電話をかけるも、

実はこの記事はホワイトマンがガーシュウィンを呼びつけるためにつくった

偽記事だったらしい!

 

「新聞記事になってしまったから、作ってくれ!」と

ホワイトマンに押し切られた!

 

カデンツァ部分は、仕事でボストンに向かう際に乗った

列車の中で走行音から着想を得たとされる!

 

ここが、時代背景に思いをはせさせるとこ!

それまでの時代は、列車の音なんか無かった。

せいぜい馬や 馬車の走る音ぐらいだったろうから、

今聞くと、へーそー!と思うけど、

列車の無かった頃には、できない発想であり

あ〜〜そんな時代に書かれたものなのね!と思うと

感慨深い!

 

調べたら、列車がアメリカで普及し始めたのは、1830年代らしい!

ずいぶんヨーロッパよりも早くできたんだなぁと、ビックリした!

1830年というと、ショパン20歳で「さぁこれから都会のウイーン、パリで

活躍しよう」という時期!

アメリカが急成長していたのが、ガーシュウィンから分かっておもしろい!

 

 

ガーシュウィンは、この曲を2週間で書き上げた!!!

 

ただ、当時のガーシュウィンは、オーケストレーションに精通しているとは

いえなかった上に、作曲の期間が限られているという事情も加わり

代わってファーデイ・グローフェがオーケストレーションをおこなった。

 

オーケストレーションとは?

例えば、ピアノで作曲したものを、オーケストラ様に書き替え編曲する、ということ。

 

初演は、ガーシュウィンが弾くピアノとジャズバンド向けの版が演奏された。

 

その後、何度も改訂を繰り返し、1942年版が 現在主に演奏されているらしい!

 

最初は ピアノコンチェルトとして世に出たわけではないんだ!と

これまたビックリ!!!

 

 

ギターデュオコンサート開演

タンゴで有名なピアソラから始まった!

 

ギターの上の側板をコンコン、カリカリして

見た目にはおもしろかったけど、曲は知らなくて、演奏も難しそうだった!

終わると、お二人 マイクでトークされながらのコンサート。

大萩さん「一曲目で、最後に弾いてもいい曲 やっちゃいましたね!」

どおりで、非常に重みのある難解な曲だったな〜!と思った!

 

でも、あらゆるジャンルを弾かれる伊藤さんとのコラボで、

ソロだけより楽しかった!

 

 

おもしろかったのが、スカルラッティのソナタ

ABCBの順番で、Cのところを伊藤さんがフラメンコ風に

アドリブをされた!

 

最近 よく 聴くパターン!

 

例えばピアノの 小曽根真

ジャズで一流なのに、だいぶいい大人になってから、

クラシックを学び、今、ピアノコンチェルトで引っ張りダコ!

ピアノコンチェルトとは、ピアノとオーケストラの共演のこと

 

カデンツァという、ソロのピアノが1人で弾くところがある

作曲家が書いてくれてる曲もあれば、「任意に」というかたちで

ピアニストに任されることもある。

 

モーツアルトでも、小曽根真は、カデンツァのところを

ジャジーにしてしまう!!!

 

 

アドリブが本職みたいな人だから、メッチャ熱く魅力的で

生き生きとしていて、聴衆を惹きつける!!!

 

クラシックコンサート聴きに来て、ジャズも聴ける!!!

観客は大喜び ♪♪♪

 

それを、完全に古典なモーツアルトでやってしまうとは!!!

モーツアルトの時代、ジャズなんか無かったわけで、

作曲家の意図を再現することにエネルギーの全てを

注ぎ込む!と言ってもいいクラシックでは、衝撃的なこと!!!

でも、聴いてる方は断然 楽しい ♪♪♪

 

 

こないだ、ガーシュウィンの ラプソディ イン ブルーを

アメリカのオケと小曽根が共演していた!

すんごかった!!!!!

ギタリスト2人、野郎と撮る時! 女と撮ると時!

コンサート前日、主人がギタリスト大萩さんと伊藤さんに

写真いいですか?

と、お願いした時!

 

私が、コンサート当日、CD買って サインと握手してもらった時!

 

「全然違うやん!」と、野郎 怒る!!!

ギターデュオコンサートに行ってきた ♪♪♪

まず、自由席だから、開場前に行って良い席をとろうと並んだ!

クラシックギターの音は、エレキと違って、やはり 聴く場所によって

聴こえ方が違うし、手元も見えた方がうれしい ♪

ギターを打楽器っぽく使う(ボディをコンコンたたいたり

弦をつまんでバチンとやったりする)時があるから!

 

 

並んでる行列に子供はいない!

大人はもちろんだが、多感な子供にこそ聴いてほしい!

 

 

コンサートより高い ディズニーランドやユニバには、

毎年のように行くのに、クラシックコンサートには行けない!のは

どうしてか?

誕生日ケーキやフォトスタジオでの撮影に何千何万円と使うのに

クラシックコンサートに遣えないのはどうしてか?

 

 

経済的問題ではないな!

 

 

目の前の、すぐレスポンスのある喜びには惜しくないが

ジンワリとくる経験、大人になってもクラシックコンサートに

足を運ぶ豊かな人生を送ってほしいと思う長期的な環境作りには

まだ、和歌山人の意識は希薄過ぎる!

 

 

子供にクラシックは退屈?

ジッとしていられない?

 

 

開演前と休憩時間に思いっきり周りを駆け回ってくれば

イヤでも 疲れておとなしくするんじゃない?

これ、聴いていたくない!と思えば、空想の世界に自分で入り込み

次の曲にまた、期待すればいい!

 

 

感動しやすい時期!というものがあります!

お金が余ってるお年寄りは感動しにくい!

子供には、あれこれとお金がかかる!

 

 

それはよく分かるが、感動しやすい、 心が敏感な、頭が柔軟な

記憶に残りやすい、そんな時期を逃すのは もったいないと思う!!!

その時期に戻ることは、二度とできないのだから!!!

 

だから、その環境を与えてあげる親子さんの意識!

そこにかかってくるのではないか?と思う。

 

 

ホールに足を運ぶ習慣が 無ければ、

大人になっても行くことはないだろう!

 

その習慣のことを、文化という。

 

文化の楽しみ方を多く知った大人になった方が、

当然  より彩り豊かな人生になることは間違いない。