ギターデュオコンサート開演

タンゴで有名なピアソラから始まった!

 

ギターの上の側板をコンコン、カリカリして

見た目にはおもしろかったけど、曲は知らなくて、演奏も難しそうだった!

終わると、お二人 マイクでトークされながらのコンサート。

大萩さん「一曲目で、最後に弾いてもいい曲 やっちゃいましたね!」

どおりで、非常に重みのある難解な曲だったな〜!と思った!

 

でも、あらゆるジャンルを弾かれる伊藤さんとのコラボで、

ソロだけより楽しかった!

 

 

おもしろかったのが、スカルラッティのソナタ

ABCBの順番で、Cのところを伊藤さんがフラメンコ風に

アドリブをされた!

 

最近 よく 聴くパターン!

 

例えばピアノの 小曽根真

ジャズで一流なのに、だいぶいい大人になってから、

クラシックを学び、今、ピアノコンチェルトで引っ張りダコ!

ピアノコンチェルトとは、ピアノとオーケストラの共演のこと

 

カデンツァという、ソロのピアノが1人で弾くところがある

作曲家が書いてくれてる曲もあれば、「任意に」というかたちで

ピアニストに任されることもある。

 

モーツアルトでも、小曽根真は、カデンツァのところを

ジャジーにしてしまう!!!

 

 

アドリブが本職みたいな人だから、メッチャ熱く魅力的で

生き生きとしていて、聴衆を惹きつける!!!

 

クラシックコンサート聴きに来て、ジャズも聴ける!!!

観客は大喜び ♪♪♪

 

それを、完全に古典なモーツアルトでやってしまうとは!!!

モーツアルトの時代、ジャズなんか無かったわけで、

作曲家の意図を再現することにエネルギーの全てを

注ぎ込む!と言ってもいいクラシックでは、衝撃的なこと!!!

でも、聴いてる方は断然 楽しい ♪♪♪

 

 

こないだ、ガーシュウィンの ラプソディ イン ブルーを

アメリカのオケと小曽根が共演していた!

すんごかった!!!!!

ギター・ピアノスタジオ前田 について

和歌山市でギター・ウクレレ・ピアノの教室を運営しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA