スペイン カタルーニャ州 独立 投票

今年の春 私達が 滞在した 場所 バルセロナを含む

スペイン南東に位置するカタルーニャ州!

 

 

スペインからの独立を目指して 住民投票が 行われる。

 

 

以前から、他にも独立運動はあった。

 

フランスやピレネー山脈に接する北東のバスク地方も

独立運動が 盛んで、というか、過激派がテロを起こすぐらいだった!

でも最近は、自治州として、認められ、

ザックリ言うと、バスク過激派解散!みたいな ニュースも流れていたし、

安心してた!

 

カタルーニャ州も最近、バルセロナでテロがあり、大混乱でしたね!

 

この二つのテロの違いは、バスクの方は、独立したいバスクの過激派が、

スペインの他の地方でテロを実行するというもの。

 

 

しかし、今回のバルセロナのそれは、IS が 起こしたとされている!

 

これを きっかけに ますます!という感じで、

カタルーニャ州の独立運動が盛り上がり、

今回の住民投票につながったのではないか?と

社会がキライだったおばさんは、にらむのである。

 

 

以前から、カタルーニャの人は、他のスペインを嫌っていた!

というのも、1939年以降、フランコ体制下のカタルーニャでは、

カタルーニャ語、カタルーニャアイデンティティの象徴に対して

厳しい弾圧がなされ、カタルーニャの伝統的音楽、祭礼、旗、

カタルーニャ語の地名や通り名が禁じられた!

 

自治政府や自治憲章が廃止され、首相含め 多くの共和国支持者が

投獄、処刑された!

 

 

その頃のスペインの経済は、壊滅的な状況にあり、1950年前後までの

カタルーニャの経済も、停滞を余儀なくされた!

 

しかし、1960年代〜1970年代初頭ごろから

急速な経済成長起こり、外国資本の投資や、観光客が増加した!

 

 

第三次産業が発展し、工業生産指数も伸びた!

 

カタルーニャ語教育への関心も高まった!

 

あかん!事実説明で長くなってしまった!!!

 

またあした☆

 

 

ギター・ピアノスタジオ前田 について

和歌山市でギター・ウクレレ・ピアノの教室を運営しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA