バルセロナはスペインじゃない?

主人が、今年春の バルセロナ連泊旅行から帰って来て

言った言葉は、「バルセロナは スペインて感じがせーへん!

イタリアとか、他のヨーロッパの国に行ったみたいや!」だった。

 

 

私は、20年前にツアーで、ランブラス通りを時間なく走って回って、

工事中のビルにしか見えないサグラダファミリアに上って、

印象が、無いに等しかったのに、

 

今回は バルセロナを 堪能し、

ワーーー!!! なんてステキな所だったんだろう☆ と

建築物、デザイン、美術、街並み(空港からホテルまでのタクシー乗車中

運ちゃんにお上りさんか???て思われるぐらい

いきなり写真をバシャバシャ撮りまくるほど、どこを撮っても、何気ない

ビルまで絵になる)が 全て美しかった☆

 

 

聞いてたほど、危険なこともなく、

みんな英語で話してくれて、タクシーも安めですぐつかまる、

ユーロの現金全額を家に忘れる!というドジ過ぎるうちらにも、

カードの普及で、露店でまでカードでいけて!

すごく便利で、快適でしたよ!

 

 

でも、そこが、主人には、「スペインらしくない!」らしい!!!

 

 

もっとザツで、ええ加減で、腹たって、店でボッタクられる、東洋人をさげすむ、

車のガラス割られて荷物盗まれる、ジプシーや失業した若者や物乞いや押し売りが

寄ってたかって来る、目の前で、車二台がドーンと衝突しても、

運転手は2人共、降りてくることもなく涼しい顔で走り去る、

飲み屋から ケンカしてたのか?突然オッさんが 道に吹っ飛んで出てくる。

 

 

主人に言わせたら、

「そんな エライ目に遭うのがスペインなのであって、

勤勉で、貯蓄し、観光客にも親切で、街も美しい 、

6%の国土で、スペインの経済20%を生み出してるバルセロナは、

他の地方と一緒にされたら、たまったもんと違うで!」 らしい。

 

 

帰り、空港に向かうタクシーの運ちゃんに、私、

「I love Barcelona ! beautiful !  wonderful ! excellent ! 」

と、感動を 知ってる限りの英語で伝えてたら、

運ちゃんもそんなに英語が得意そうでなかったけど、

「そうだろう!良いだろう!モデルニスモもあるし!!!」

と言ってた!

(モデルニスモの説明は次回に)

 

 

住んでる人間が、自分の街に誇りを持ってる!!!

素晴らしい!!!

ん〜〜 そりゃ 勤勉でない他のスペイン人と違うんだ!と

主張したくないのも分かるな〜〜!!!

 

 

 

 

 

 

 

ギター・ピアノスタジオ前田 について

和歌山市でギター・ウクレレ・ピアノの教室を運営しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA