モデルニスモとは?

タクシーの運ちゃんが自慢してた「モデルニスモ」とは?

 

 

カタルーニャ地方の19世紀から 20世紀初頭に流行した芸術様式のこと

フランス語で アール・ヌーヴォーと類似した様式

カトリック教会の近代主義のこと

 

アール・ヌーヴォーなどの新しい芸術様式が、ヨーロッパで

盛んだった頃、スペインでは、他のヨーロッパ諸国に先駆けて

産業革命を終え、カタルーニャ地方のバルセロナで

モデルニスモが流行する。

 

特徴として、曲線の使用や 華やかな装飾性などアール・ヌーヴォーの

特徴を持つことから、カタルーニャ版アール・ヌーヴォーとも呼ばれる。

19世紀における繁栄は、隆盛を極めた中世の復興によるものであると、

文芸復興運動 カタラーニャ・ラナシェンサ(ルネサンスと共に 再生を意味する)が

起きる。

そして、この地の民族主義的な伝統に対する関心の高まりと共に、

モデルニスモは 独自の展開をみせる!

 

 

アントーニ ガウディー(1852~1926)を代表とする建築家達は、

アール・ヌーヴォーからの強い影響を受けながら、

南フランス及び北アフリカのイスラーム建築を研究し、伝統的な

ムデハル様式(残留イスラム教徒の建築様式と

キリスト教の建築様式が共存するという環境下で生まれた)を加えた

独特なスタイルを築いていった!

 

 

モデルニスモの例を写真で紹介!!!

 

いずれ これからも、旅行でたんまり撮った写真を

チョコチョコと載せていきますよってに、お楽しみに☆☆☆

ギター・ピアノスタジオ前田 について

和歌山市でギター・ウクレレ・ピアノの教室を運営しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA