発達障害

最近メディアでよく聞く言葉です!

親御さんも、我が子が発達障害なのか?

判断しがたいし、専門家に聞いても、
「様子を見ましょう」と言われ、
悩まれてる方も多いと聞きます。

 

ピアノのレッスンをしていても
あります。

 

幼児から習いに来てくれるから、
まだまだ お行儀が悪くても当然!

座っていられない子もいます。
一つのことに集中できない。
やりたい事しかしない。

 

しかし、それが何年も続くと・・・

 

しつけが悪いだけなのか?
元気過ぎて落ち着きがない個性なのか?

 

以前は聞かなかった「発達障害」という言葉。

我々も仕事上、無関係ではなく、
いや!おおいに関心がある。

 

その子には 苦手なのに、
「できるでしょ?」と強要はできない!

しかし、何かしら教える、できるように
させるのが私の仕事である。

 

年齢的な差、同年齢でも個人差、
個性の違いもある訳で、
とてもレッスンしづらいのが、
何が原因なのか?特定することが
困難な場合もある。

 

「他の習い事ではどうなんですか?」
とお母さんに聞いてみたり、
「おウチではどんな様子ですか?」と
聞いてみたり、お母さんと話し合ったり
対策を毎回考えたり、効果があったりなかったり、

そしてまた 考える!

 

本当に、一人ひとりに対応できる!
と言うことは、非常に難しいことです。

我々講師は、気軽に「一人ひとりに
合った教え方をします!」と、
気軽にうたいがち!!!

 

経験と新しい知識、観察、考察が必要!

 

ピアノの先生というと勝手に、

優雅に楽にやってると思われがちですが、
決してアンチョコにしている仕事では
ないのです!

 

次回も私の中学時代の経験から・・・

ギター・ピアノスタジオ前田 について

和歌山市でギター・ウクレレ・ピアノの教室を運営しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA