月別アーカイブ: 6月 2012

フォルクローレコンサート終了

29日のフォルクローレコンサートが終わりました、

ケーナの森岡先生お疲れ様でした、そしてスタッフの皆様もご苦労様でした。

そしてたくさん来ていただいたお客様ありがとうございました。

2部にはギターのソロ演奏も、1時間半の舞台になりました、

最後にはアンコールもいただい、盛り上がったコンサートになりました。

 

「この人30年前と変わってませんよ」

荘村先生とは30年来の知り合いで、その後和歌山に来たときは何回かコンサートの後の打ち上げにも招いていただいている

コンサートのあとご挨拶すると、「前田先生は30年前から変わりませんね」と感心された、

中身がない分老けにくいのかも、、、

荘村先生は髪を束ねられ以前に増して風格が出ていました。

この写真は写真撮影のときに周りを囲んで人に「この人30年前と変わってませんよ」と言われている場面です。

また今度会うときにもそう言われるように頑張りますので、先生もますますご活躍ください。

 

 

 

写真は、

「荘村清志ギターコンサート」へ行ってきた。

6月23日(金)3時から和歌山の「緑風舎」で荘村清志ギターコンサートがありました。

荘村先生お疲れ様でした。

 

1部は南米中心で 2部はスペインもので、

円熟味を増したいい演奏でした。

 

生徒の「亀ちゃん」が席を取っておいてくれたので、一番前の席で聞くことができ、

荘村先生には舞台の上から声をかけていただき 嬉しかったです。

 

荘村先生とは30年和歌山でコンサートをしたとき以来の知り合いで、

当時先生はNHK教育で「ギター教室」をしており 超人気者でした。

当日、先生を市駅まで迎えに行き、二人で過ごした1.2時間は僕にとって夢のような出来事でした。

 

コンサート終了後、打ち上げ参加させていただき、3時間ほど先生の横でお話をすることができました

先生のお話は面白いので、コンサートでも もっとお話をされたらいいんじゃないかと思いました、

一緒に行った生徒の「〇川さん」は打ち上げで出されたワインをうまいうまいと言って何杯も飲んでおりました。

 

8時過ぎに打ち上げが終わり、タクシーに乗り込んだ先生を見送り帰ってきました。

生徒の皆さん、たくさんコンサートに来ていただきありがとうございました。

 

 

アンデスからの風、、、。フォルクローレ ヤラビライブ

6月29日(金)午後7時30分より和歌山市本町の宮井ホール(宮井平安堂3F)に於いて、「ヤラビ」のフォルクローレコンサートがあります。

 

哀愁ある音のケーナとギターで南米アンデスのフォルクローレから日本の曲、またギターのソロ演奏を満喫してください。

 

出演は 森岡徹(ケーナ) 前田敏雄(ギター)です。

 

入場料は1000円です。