月別アーカイブ: 7月 2018

芸術はやっぱり同じ!

フラメンコ の振りを、先生から
全て教えてもらった!

 

しかーし!

それだけやってても、サマにならない!
フラメンコ じゃない!!!
ただ身体を動かしているだけで、
観ててもつまらないと思う!

と、理屈だけでも分かるのは、
ピアノのレッスンを受け続けているから!

 

自分でヨッシャ! 仕上がった!!!
つもりで先生のところへ持っていく!

 

微妙な、えっ?どこが違うの?てぐらいに
例えば強さで言うと、0,001単位まで弾き分けるよな、

音色で言うと色のグラデーションを全て把握して
その中からチョイスするよな、

そんなレッスンを受けているから、踊りでも、

振りが身体に入ったこと=楽譜通りに弾けたこと
まだまだスタートラインに立っただけのこと!

 

さぁ!ここからが自分らしさを出せる時!

と言っても、もう 今日一日しか無いわ!!

 

突っ走るのみだーーーーー
ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

夏を乗り切る自信、ツイタ!

フラメンコ のライブに向けて、
朝昼晩小分けに練習している!

家事も仕事もあるから、小分けに
せざるを得ない!

 

クーラーつけて、扇風機回してるのに
チョット踊っただけで、汗がドパー!

 

私、あまり汗をかきにくい体質だった!
主人なんか、ご飯を食べただけで、
冬でも汗タラタラ顔に流してる!

はあ?て感じでいつも見てた。

 

ところがこの夏、必死でできない振りを
練習しているうちに、汗っかきになり、
移動してクーラーの無い部屋に入っても
平気になった!!!

 

以前なら、夕食支度していて暑さで
気分が悪くなって、吐きそう!の直前で
クーラー入れてセーフ!!!てことが、去年まであった!

 

ところが、身体って順応できるんだなぁ!
もっと激しい動きをし、心拍数上げて、
体温を上げるのが常になった時、
大量の汗をかき、体温調節を勝手に
身体がやってくれてる!!!

 

もう中年!と嘆くなかれ!!!
身体は使って強くなる!!!

残り時間のペース配分と子供エキス♡

フラメンコ ライブまであと3日!

まだ通して踊っても間違える!

練習不足なのだけど、体力の消耗を
考えながらだから、やみ雲に繰り返せばいい!と

いうものではない!

自分を撮って見て、「キショッ!」と
思ったところも直さねば!!!

 

化粧の練習、頭を結う練習、
衣装を着ての練習、あっ!
直し屋さんに出してる衣装を取りに行かねば!

 

背中のお肉(もないから皮なんだけど)
前へ持ってきて、胸の谷間を作れた!
と思っても、チョット踊ったら
すぐ定位置に戻ってしまう!!!

戻れないように、ピタピタに詰めてやれ
てことで、お直しに出している!

あんまり詰めると、苦しくなって
踊るどころか息もできなくなるから
加減がムズイ!!!

 

と、こんなバタバタの日常に、小さい子が
夕方に
「おーはーようごーざーいーまーしゅ!」

と来てくれたら、思わず口元がほころぶ ♪
純な目で、私の目をしっかり見つめてくれる!
こっちが恥ずかしいぐらいに見つめてくる!!!

 

きっと、私の目元の化粧が珍しいのか?
私の心の中を見透そうとしているのか?
子供って、真実を見る才能があるから、
こちらもウソがあってはいけない!!!

 

言うこと為すことホントにかわいらしい ♪♪♪
癒されて、疲れも吹っ飛ぶ!!!

 

お母さんは大変でしょうが、
「お母さーん! チョットでも好きな事をして、

ご自分をいたわってあげてねー ♡」

クラシックとフラメンコ の違い!

もちろん生まれてきた歴史背景が違うのは、

言うまでもないが、こんなに違うのか?と

昨日、先生の大阪のスタジオに当日出演のギターさんと
合わせがあって、ビックリした!!!

 

オープニングの全員踊る曲からスタート!

 

ヌメロ(英語でナンバー、曲目のこと)が続き、

1部終わり。

 

2部 一曲目、私がセンターで出ずっぱり、
周りの人が入れ替わる「タンゴ」だ。

最初から、イヤにテンポが速い!

もうカウントを追って、動きを合わせる
だけになってしまい、表現もヘッタクレも無い!!!

 

先生に直訴!
「もう少しゆっくりお願いします」
先生は、いつもレッスンをしてくれているのだから、

私達のテンポをよくご存知のはず!

 

しかし、全曲通しになると、それもお忘れなのか?

気持ちが高揚されているのか?

本来ならこのテンポなのか?よく分からない!

 

ターンを3回すべきところを、追いつけず
2回になってしまった!!!
こんなミスしたことないのに(≧∇≦)

 

帰り道、ソロを踊る2人と駅へ向かう道すがら、

会話を聞いてたら、

「えー?あそこどうなんの?
あれでいいんかなぁ?
本番はこうしてくれるのかなぁ?」と、
1人で踊れる実力のある人達でさえ、
めっちゃ 不安がっていて、それに、
今日は来られなかったカンテ(歌)の
アーティストさんとは当日に初顔合わせだ!

 

ヒェーーーー!!!

こんなこと、我々クラシックの世界では
考えられない!

素人の生徒さんの発表会は、準備周到に
ハプニングを想像して、先に起こらない
ように先々に手を打つ!

生徒さんへ心構え、衣装、聴く態度のマナー、

下の子がぐずったら?まで事細かにプリントして

渡してた!(最近はうちもユルイですが)

 

まぁ プロの世界では、一度だけリハで
本番て方もいらっしゃるでしょうが、
それはプロ同士の話!

 

我々踊りの素人が、本番どうなるか
分からないことを、こんなにたくさん
不安を抱えて、発表会に臨むなんて、
私には耐えがたい!!!

 

だって、フラメンコ のプロって、楽譜もなければ、

指揮者もなければ、注意をメモる!といったこともしない!
よっぽど頭が良くて覚えが良いのか?
ノリでやっちゃえ!なのか?
どちらかなのだろう。

 

ちなみに、日本語ではゆっくりおしゃべりになる

スペイン人の先生は、昨日、スペイン語でギターさんと

お話になる時、良く通る大声で早口で
(スペイン語は単語の最後のRまでしっかり巻き舌で

発音するから普通にしゃべってるだけでも、

怒ってる?と思うような勢い)ズーッとおしゃべりに
なっていて、我々はポカンと眺めているだけだった

(チョット分からないのが悔しかったが!)

 

またまた、自分の課題がワンサカ見つかり
後の数日をカレンダーとにらめっこ
しながらもがくんだろうな!?

ココはクラシックと同じですな!!!

朝練、昼練、夜練!

といっても、フラメンコのうちでの練習だ!

 

スペイン人のギターさんとのリハが
近い!!!

自分の今、ベストな状態で臨みたい!

 

昼練でも疲れてこない!?
全く疲れを感じない!
いくらでもできそう!?

 

イヤ!アカンアカン!!!
以前、リストのラ カンパネラを、集中して
練習して何時間も経ったあと、動けなくなり、

親に電話して、ご飯を持ってきて
もらったことがあった!

 

余力のあるうちに切り上げて、あえて
休憩しなければ、あとで、ギャフンと
なるのをピアノの練習で分かっていたから
今回は、その後レッスンもあることだし、一旦休憩した!

 

レッスン後、もう夕食支度する気も起きず、

何とか車で惣菜を買いに行った!

 

やっぱさっきあえて早めに切り上げて
良かった!!!

 

疲れは後から押し寄せてくる!!!
予想してペース配分していかないと!

 

もう、今日はこれで練習は終えようと思った!

が、先生や自分のビデオを見る!

 

アカン!!!ダメなとこばっかりや!

振りも完全に身体に入っているとは
言い難い!!!

 

エラの下のリンパ辺りに少し痛みを感じる!
疲れてるんだなー!?

 

しかーし、ヒターノの血が私に
フラメンコ靴を履かせる!!!

 

今度は衣装を着てビデオ撮りや!!!

 

夜練できた!!!

体力がついてきたのか?
明日、疲れがドッとくるのか?恐いけど
何とかできた!

 

フラメンコ ザンマイの一日終わり!!!

ピアノの先生には内緒やで〜〜〜(≧∇≦)

ピアノと踊りは似ている!

音楽にのって身体を動かし表現する!

フラメンコ とピアノは私にとって同じだ!

ということに、今、気づいた!!!

遅っ!!!

 

ピアノは数十年、フラメンコは十何年も
やってきて、今か???

と、自分でも驚く!!!

 

だって、振りつけとか先生によって違うし、

先生によってもテクニカの基本的なところも、

言われることが違ったりで、右往左往してきた過去がある!

 

だから、どう表現するか?を、入念に
しかも確かな目を持って、考えられるようになったのは、

ライブまであと1週間! となった今! なのだ!

 

 

さぁ! これから私の本領発揮!!!
ダテにピアノを本気で人生のほとんどの時間を

費やしてきたわけじゃない!!!

 

カッコよく言えば、アーティストだ!
芸術家だ!

 

それを なりわいとしてきた私と、
事務職を本業にやってきた人、主婦の人、

(その人達も上手いですが)が同じだったり、

逆に負けていたら情けない!!!

私にしたら、ココで差をつけなければ、

ピアノをやってきたアーティスト魂が許さない!!!

 

そーだ!!!

楽譜を分析するように、振りつけも一挙手一投足を

考え抜き、ピアノのただ 何となく意図せず弾く音など
一つも無いのと同じように、踊りも

ムダな動きなど全くない!と、
全ての動きを検証しながらの練習が必要だ!!!

 

今から頑張りますので、これにて失礼つかまつる!
ʕ⁎̯͡⁎ʔ༄

ホンモノ観てきて 今生かせる時!

もう数十回?数百回?

フラメンコ のライブや舞台は観てきたけど、

今まで、あの人はプロ! 私はアマ! 違くて当然!

みたいな感覚でいてた!
ちゅーか、分かんなかった!

 

実際、自分にいかに役立てるか?
具体的にどうすれば上手くなれるのか?

 

でも分かんなくて当然よねー?
分かったら、習いに行く必要ナシ!

 

だけど、今のスペイン人の先生の教室に入ってまだ半年、

2~3曲の振りを覚えて、来週ライブでお披露目!!!

 

他の生徒さんは、すでに発表会で踊った曲ばかりだ!
全曲初めてなのは、私一人!
頑張らんと、、、と

 

自分をビデオで撮って見たら
「ワッ!!! めちゃ素人っぽい!!!」
のが、一目瞭然で分かった!!!

 

「ココ! プロはこんな中途半端な動き
しない! 下半身の動きが上半身や頭まで
影響してブレてる! 姿勢が悪い!
顔が怒ったカエルになってる!
太いと思ってた二の腕も、他の人に
比べたら、ガリガリガリクソンだった!
なんせ、イケテナイ!!!」

 

でも、悪いところを自分で見つけられると
いうことは、かなりの成長だと思う!

 

そこを先生に「私、ココ変なんですけど」
と申し出たけど、先生は表現力重視なのか
「変じゃない!」と言われた!!!

 

だけど、プロを観てきた私が許さない!!

 

腕の伸ばし方、角度、いろいろ試して「変じゃない」と、

自分が思うところまで撮っては直す!の繰り返しをしている!

 

そして、ピアノに無くてフラメンコ に有るもの!!!

 

特に今の先生だからかもしれないが、
「もっともっと自分の味を出しなさい!」と言われる!

 

中身がないのに、出す物もないわな?と思ってたけど、

曲のアクセントを聴いたり
振りの構成で、ココは抑えておいて、

次で爆発させるんだなー!とか
こんなにセクシーに腰やヒップを使ってもいいんだー ♪♪♪と

素人脱出の糸口は 少しずつ見えてきた!!!

 

ピアノでは、ほとんどがクラシック曲。
「そんな自分勝手に弾いてはいけません!
作曲家の意図を楽譜から読み取りなさい!

時代を考えなさい!」

と、修正されっぱなしだ!!!

 

それが、フラメンコ では、
「エーーーーー!?もっと自分を出してもええんかーー?」

とうれしくなってくる!

今までの人生の苦楽を踊りで表現しても
いいんだーーー ♪♪♪

 

フラメンコ とは、元々、ヒターノ(ジプシー)と言われる

流浪の民がスペイン南部に根付いた、生活に密着した
人間臭い 歌、ギター、踊りの三位一体のもの。

 

スペイン人みたいに、怒り、悲しみ、喜び、恋、

それをストレートに表現しているのだから、

もっともっと伝わるように、大げさなくらいに

表現してもいいんだ!!!

 

そして、目がホンモノを見てきて、観察眼もついてきてる!
まだ 踊る体力はある!
本場スペイン人の素晴らしい先生に出逢えた!

 

いつ頑張るの?

 

今でしょ?

ホンモノ☆に触れ続けること!

前々回、ウインブルドン見続けて、
初テニスでポイント取った!
という話を書きました!

 

今回 フラメンコ です!

 

まぁ 若い頃からフラメンコ のライブ、舞台を観まくった!
和歌山、大阪、兵庫、本場スペインでも!

 

なぜなら! 私の血が「行け!」というから!!!

 

最近、ユーチューブとかでも、気軽に
動画が見られて幸せ至極 ♪♪♪

 

もう、最初の2秒で、プロかアマか?
分かるようになった!

 

ピアノのコンクールなどでも、最初の5秒聴いたら、

だいたいの実力が分かってしまうから、

あの中村紘子も「あとの数十分、コンテスタントの

持ち時間を聴くのが辛い!」と著書にも書いておられた!
「一応、努力に敬意を払って聴くけれど、」
とも書いておられた!

 

分かる人が観たら、聴いたら、直ちに
分かってしまう!

 

舞台というのは、演者の生活、人生、
性格を映し出す恐ろしくも魅力的な
場所なのだ!!!

 

でも、生徒さん!尻込みしないでね!
舞台を踏む毎に、必ずあなたの血肉に
なって成長できるのだから!
10回のレッスンよりも一回の発表会!
と、よく言われる!!!

 

アーーーー!!!

フラメンコ の話がピアノの話になって
しもうた!!!??!?

次回フラメンコ です(*^_^*)

ウインブルドン 錦織圭 健闘!

今、イギリスで開催中のテニスの

ウインブルドン大会は、グランドスラムと呼ばれ、

テニスの重要な大会の一つだ!

 

日本人で松岡修造以来、二十数年ぶりに
ベスト8に進出した錦織!

 

対戦相手はセルビアのジョコビッチ!
ウインブルドン常連の彼は、

背が高く手足が長い=パワーがすごい!

 

錦織がサービスエースをとられたり、
リターンエースをとられたり、
深い所にスピーディーに返ってくるから、

さすがの錦織も、アッと言う間にボールが来て、

そちらに向く暇も無い!て感じで、

やはり王者を倒すことはできなかった!!!

 

しかし、錦織も相手サーブゲームをブレイク

(不利なところから自分の得点にすること)

できたり、有利な場面も何度もあった!!!

 

初ベスト8だというし、これからを
期待したい!!!

 

しかし、ジョコビッチのサーブの時のボールを

トントンと前で地面でつく動作が長過ぎる!!!

 

錦織、集中して構えて待つが、なかなかサーブを

打ってくれないから、2、3度、集中するのを止めては、

又構え直していた!

 

ジョコビッチは、20秒以内にサービスを打たないと

いけないのを、タイムオーバーで、審判から注意を
受けていた!

注意されても、慌てる焦る急ぐこと全くなく、

自分のペースを守り、集中してサーブを打っていた!

 

すごい!!!

 

不利な場面でも、直ぐに次には切り替える!
自分のペースを把握して、動じない!

 

これ、どのトップにも言えることだと思う!

 

私には、まだまだ遠い領域だが、
ちょっとでも近づけたらうれしい ♪♪♪

ふつうに暮らせることの有り難み

西日本の水害で、今なお、行方不明の方が

おられ、死者の数が毎日想像以上に

増えていくことのショック!

 

土砂崩れの現場の、直ぐに救出するのは、

困難だと分かる実態!

 

救出作業の方のこの炎天下の身体の辛さ!

 

行方不明の方の家族や親戚の胸つぶれる思い。

 

避難所での不便な暮らし、身体や心への悪影響。

 

これから見通しの立たない不安・・・・

 

一人ひとりに辛さは違い、皆さんもそんな中でも

きっと懸命に生きておられるのだろう。

 

昨日、大人の最後の生徒さんの言葉!

「ふつうに暮らせるだけでも
有難いんよね〜」

 

そうだ!その通り!

 

自分も入院した時、手術して直後、管にいくつも

つながれ、寝返りさえできず、座っているのも辛かった時、

「アーーー!!!ふつうに動けることって
それだけで幸せなんだ!」と実感した。

 

しかし、それもつかの間、元気になったら、

不平不満を言い出し、家族や周りの人と対立し、

怒り、嘆き、自分ほど不幸な人間なんていないわ!と、

スーパーを歩く幸せそうな他人と比べて、

苦々しく思ったりする時もある。

 

そしていつも、ふいに思い出す。

ベッドで動けなかった、トイレも自分で行けなかった、

あの頃の感情を・・・

 

今が一番最良の日!

ふつうに暮らせることの有り難み!

他人のために行動できる喜び!

 

いつも、いつも、忘れてはならない。