秦野和夫先生。

秦野和夫先生は僕がギターを始めるきっかけになった人だ、

当時、和歌山市の明和中学校の音楽の教師で、担任だった、

中1だった僕は先生に勧められてギター部に入った。

それ以来僕はギターにはまり毎日毎日ギターを弾いていた。

先生はベートーベンのファンで、「音楽史にベートーベン以後に彼以上の音楽家は現れない」と豪語していた。

その影響で僕もそれ以来のベートーベンファンになった、

3年前には、ウイーンのベートーベンの墓地を訪れ、ベートーベンがしたようにハイリゲンシュッタトットを散策した。

一人の人の影響でこんなに人生が決まる不思議を感じた、

、                                                                、

先生がお元気なうちに、もう一度会ってお礼を言いたいと思い電話をかけた。

電話をかけると先生自身が出られた、

「明和中学校で、お世話になった前田ですが、憶えてられますか?」

「ああ、前田くん、憶えているよ。」と嬉しい返事が返ってきた。

もう、40年以上前のことである。

先生は今年84才になられたという。

今月5月3日に和歌山市禰宜にある先生のお宅を訪ねた、

昔からの旧家で、奥さんを12年前に亡くされ、今は一人で暮らしているということだった。

先生はお元気で、昔のように堂々とした姿勢で座っていた。

僕は先生のおかげでギターで生活が出来ていることと

先生がお元気で安心したことを伝えた。

先生は、僕のことをいろいろ憶えていてくれて、

「前田くんは、クラブに誰も来ない日でも一人来て、黙々とギターを弾いていた」と言ってくれた、

、、、ただ単にギターが好きなだけだったんですがね、

、                                                                、

先生は、お医者さんからあと16年は、生きると言われたそうです。

100才まで頑張って生きてください、

おりしも今日は、100才になられた「日野原先生」の講演が和歌山である日です。

先生、有り難うございました、そしていつまでもお元気でいてください。

ギター・ピアノスタジオ前田 について

和歌山市でギター・ウクレレ・ピアノの教室を運営しています。

コメントは停止中です。