アーー!ウインブルドンの季節到来!

私、テニスはしない。

はっきり言ってできない!

 

スクールの体験に行ってみたけど、
コーチのゆーるい球でもラケットが
腕ごとヒャ〜ッと後ろに持って行かれ
打ち返すどころの話ではない!

 

しかし、ウインブルドンは高校生の
頃から観ている ♪

ちゅーか?すごく感動して観てた!

 

ウインブルドンて、伝統があり、最後の表彰式の時には、

イギリス王室の偉い人が直接、準優勝者と優勝者に

声をかけて、タテみたいのを渡すじゃない?

 

生の芝だし、すごく神聖な特別な試合!て感じで、

観てる方も真剣に観いざるを得ないような気分になる!

 

アナウンサーや、解説の人がサービスの時に
選手の集中の妨げにならないよう小声になり黙るように、

こちらまで音をたてたら悪いわ!と、息を殺す!!

 

ルールも知らなかったけど、観てるうちに分かってきた!
ゼロ0をラブ♡ていうのも、何でか知らないけど、ステキ!

 

私の高校生の頃は、最近、スポーツでよく採用されている、
ビデオや機械でセーフかアウトかを、

異議申し立てして判定を仰ぐヤツ!

 

あーゆーのなかったから、審判の誤審では?
疑惑が勝敗を分ける時があったから、
最近の機械を使った判定リクエストは、良いよねー!
後々悶々しないでいい!!!

 

伊達公子とグラフの伝説の試合もリアルタイムで観てたし、
伊達に勝利の女神が微笑みかけたその時、
夕暮れでサスペンデッド?で、あくる日に試合持ち越し!

 

あくる日グラフは、調子を取り戻し、
伊達無念!!!
アーーーン!あのまま試合が続いていたら
伊達さん勝ててたはずなのに!!!

 

という、甲子園での和歌山箕島対星稜戦
延長18回で箕島勝利!という今も語られる

伝説の試合みたいに、リアルで観てると、

鮮烈に頭に心に残る試合に出会えるもんで、

それは、音楽のコンサートでも一緒だけどね!

 

すいません、しばらくウインブルドン
シリーズになりそうです!

ギター・ピアノスタジオ前田 について

和歌山市でギター・ウクレレ・ピアノの教室を運営しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA