ブログアーカイブ

バルセロナはスペインじゃない?

主人が、今年春の バルセロナ連泊旅行から帰って来て

言った言葉は、「バルセロナは スペインて感じがせーへん!

イタリアとか、他のヨーロッパの国に行ったみたいや!」だった。

 

 

私は、20年前にツアーで、ランブラス通りを時間なく走って回って、

工事中のビルにしか見えないサグラダファミリアに上って、

印象が、無いに等しかったのに、

 

今回は バルセロナを 堪能し、

ワーーー!!! なんてステキな所だったんだろう☆ と

建築物、デザイン、美術、街並み(空港からホテルまでのタクシー乗車中

運ちゃんにお上りさんか???て思われるぐらい

いきなり写真をバシャバシャ撮りまくるほど、どこを撮っても、何気ない

ビルまで絵になる)が 全て美しかった☆

 

 

聞いてたほど、危険なこともなく、

みんな英語で話してくれて、タクシーも安めですぐつかまる、

ユーロの現金全額を家に忘れる!というドジ過ぎるうちらにも、

カードの普及で、露店でまでカードでいけて!

すごく便利で、快適でしたよ!

 

 

でも、そこが、主人には、「スペインらしくない!」らしい!!!

 

 

もっとザツで、ええ加減で、腹たって、店でボッタクられる、東洋人をさげすむ、

車のガラス割られて荷物盗まれる、ジプシーや失業した若者や物乞いや押し売りが

寄ってたかって来る、目の前で、車二台がドーンと衝突しても、

運転手は2人共、降りてくることもなく涼しい顔で走り去る、

飲み屋から ケンカしてたのか?突然オッさんが 道に吹っ飛んで出てくる。

 

 

主人に言わせたら、

「そんな エライ目に遭うのがスペインなのであって、

勤勉で、貯蓄し、観光客にも親切で、街も美しい 、

6%の国土で、スペインの経済20%を生み出してるバルセロナは、

他の地方と一緒にされたら、たまったもんと違うで!」 らしい。

 

 

帰り、空港に向かうタクシーの運ちゃんに、私、

「I love Barcelona ! beautiful !  wonderful ! excellent ! 」

と、感動を 知ってる限りの英語で伝えてたら、

運ちゃんもそんなに英語が得意そうでなかったけど、

「そうだろう!良いだろう!モデルニスモもあるし!!!」

と言ってた!

(モデルニスモの説明は次回に)

 

 

住んでる人間が、自分の街に誇りを持ってる!!!

素晴らしい!!!

ん〜〜 そりゃ 勤勉でない他のスペイン人と違うんだ!と

主張したくないのも分かるな〜〜!!!

 

 

 

 

 

 

 

カタルーニャ州 独立投票 90%以上

1日行われた 住民投票で、90%以上が スペインから独立したい!て

すごい圧倒的数字にビックリ!!!

 

投票時間中に、会場となった学校などに、政府警察が

投票を阻止しようと、ガラスを割って進入!

900人近くがケガをした!!!

 

それに対する抗議に、州全体で 抗議の嵐!!!

 

地下鉄、バスなどは、ラッシュアワーを除く時間のスト!

サッカー バルセロナの練習もスト!

サグラダファミリアの入場もできない!

 

私、行ってなかったら、こんなにも身近に感じることは

なかったかもしれない!

 

しかし、ランブラス通りの人の賑わい、

サグラダファミリアの行列、人混み、15分刻みの入場予約チケット、

観てきたから、あれができない!となったら、観光客のショック大打撃だろうなぁ!と

自分のことのように分かる!!!

せっかく計画して来たのに、入れないのかよーーー!!!と。

 

そこだけでなく、広場や通りでも、政府への抗議に大勢が集まっている!!!

 

それだけ、自分達は、スペイン人じゃないんだ!

無理に統合されたんだ!という 気持ちで、90%以上の人がいたなんて、

「カタルーニャ語とスペイン語の2つの標識があります。」ぐらいにしか

ガイドブックで読んでなかったから、行った後の今まで分からなかった!!!

 

そう言えば、よくよく考えると、バルセロナ滞在中、

例えば 「カサバトリョ」という名前の建物。

行く前は、「行けなかったら別にいいよ!」

ぐらいにしか考えていなかった建築物でも、行ってみたらすごく良かった ♪♪♪

てことばかりで、あまり時間はないのに、ウッカリゆっくりしてしまって、

案外 すごく良かった〜〜 ♪♪♪ てことが ほとんどだった!!!

 

 

よく、日本の施設、お寺などで、「えーーー入場料こんなに取るの?」て

思ったけど、たいして良くなかった!てこと結構ないですか?

それと逆パターンです!!!

 

そして、スペイン4回目の主人も言ってました!

「バルセロナ、て、なんか、イタリアとか 他のヨーロッパに来た

みたいな感じがする」と!

 

どういうことか?     また 明日 ☆

 

 

 

スペイン カタルーニャ州 独立 投票

今年の春 私達が 滞在した 場所 バルセロナを含む

スペイン南東に位置するカタルーニャ州!

 

 

スペインからの独立を目指して 住民投票が 行われる。

 

 

以前から、他にも独立運動はあった。

 

フランスやピレネー山脈に接する北東のバスク地方も

独立運動が 盛んで、というか、過激派がテロを起こすぐらいだった!

でも最近は、自治州として、認められ、

ザックリ言うと、バスク過激派解散!みたいな ニュースも流れていたし、

安心してた!

 

カタルーニャ州も最近、バルセロナでテロがあり、大混乱でしたね!

 

この二つのテロの違いは、バスクの方は、独立したいバスクの過激派が、

スペインの他の地方でテロを実行するというもの。

 

 

しかし、今回のバルセロナのそれは、IS が 起こしたとされている!

 

これを きっかけに ますます!という感じで、

カタルーニャ州の独立運動が盛り上がり、

今回の住民投票につながったのではないか?と

社会がキライだったおばさんは、にらむのである。

 

 

以前から、カタルーニャの人は、他のスペインを嫌っていた!

というのも、1939年以降、フランコ体制下のカタルーニャでは、

カタルーニャ語、カタルーニャアイデンティティの象徴に対して

厳しい弾圧がなされ、カタルーニャの伝統的音楽、祭礼、旗、

カタルーニャ語の地名や通り名が禁じられた!

 

自治政府や自治憲章が廃止され、首相含め 多くの共和国支持者が

投獄、処刑された!

 

 

その頃のスペインの経済は、壊滅的な状況にあり、1950年前後までの

カタルーニャの経済も、停滞を余儀なくされた!

 

しかし、1960年代〜1970年代初頭ごろから

急速な経済成長起こり、外国資本の投資や、観光客が増加した!

 

 

第三次産業が発展し、工業生産指数も伸びた!

 

カタルーニャ語教育への関心も高まった!

 

あかん!事実説明で長くなってしまった!!!

 

またあした☆

 

 

吹き替えはイカさん!!!

ブラックレイン。

アメリカ舞台から始まるから、もち 英語!

もち 分からん!

から 吹き替えを観た!

 

 

そしたら、健さんの声の 英語のところはもちろん、

日本語のところも、みーんな吹き替えで

(声優さんかな?) しゃべってる!

 

なんか、健さんに似せて、チョットかすれ声にしてるんだけど、

 

 

許せない!!!

 

 

健さんは、あの本人の声質で、あの間で、あの声の表情で、あの声の大きさで

しゃべってくれるから 健さんなのであって、

他の人とすり替えるなんて、あり得ない!!!

健さんじゃない!!!

 

もう一回、字幕のを借りてきて観たい!!!

 

 

てのは、ピアノにもあって、

歌の伴奏が、ピアノの音っぽいんだけど、生のピアノじゃないな!てのは

すぐに分かる!

 

 

電子オルガンにしても、シンセにしても、

すごいテクニックで、良いピアノの音色を録音して、取り込んであって、

ホールでの鳴り方、協会での鳴り方など、響きを選べたりする!

ひと昔前でもそんなんだったから、最近のは

もっと良くなってきているかもしれない!

 

 

でも、どんなに技術が進んでも、生じゃないことを隠せない!!!

 

一つ一つの音が、プツンプツンと、一つで完結してしまっていて、

フレーズのつながりになって聴こえてこない!

 

 

うちら ピアニストは、打楽器であるピアノを、いかに

弦や息や声に近づけられるか!? を勝負している!!!

 

 

だから、機械を通した連続の音は、必ずすぐに聴き分けられる。

 

 

今まで、そんなんこと、考えて聴いたことないわ!て人は、

一度、そういう観点で聴いて判断してみて、CDの解説とかにのってる

楽器名を見てみてください!

生ピアノなら、PやPf,   Acoustik Piano と表示されているはずです!

ブラックレイン 2

アメリカが作った映画の日本のシーンの扱いには

ひどいものが多い!

 

この映画は、ほとんどが日本での設定になっていて、

登場人物も日本人の方が多いのにも関わらず、

地下の広い駐車場に、たくさんの大きなチョウチンがぶらくってあったり、

意味の分からん漢字が並んでいたり、

バックのテレビ画面に、「捨」という字が 大きく映っていたり、

中国でもないのに、工場に迎う工員達の大勢が皆、

自転車で 蜂の襲来のように出勤して行ってたり、

超悪党の松田優作がカンフーの真似をしたり、

 

おかしい所を言い出すとキリがないぐらい多い!

 

 

アジアの細かい違いは、奴らには分からないのだろう!

現に、犯人探しのために、前科者の写真を確認する時、

主人公 マイケル ダグラスが、「どれも同じに見える」と言っていて、

そーだろうな!? うちらが、アメリカ人か?イギリス人か?

ヨーロッパのどの国の人か?と聞かれても、基準を持っていないし!

アメリカ製作の映画を観ていて、アメリカ人の顔と名前を

覚えるのに、最初、しばらく時間を要する!

 

 

でも、知り合いの夜のお店に商品を納入している業者さんの話を聞くと、

タイの女性、フィリピン女性と、いつも見ていると

違いが分かってくるらしい!!!

 

 

アジアの中でもうちら区別がつかないのだから、

アメリカさんが、アジアを混同するのはムリはないか?と

思うのだが、

 

 

問題はそこではなく、「これ おかしいですよ!」という

日本人の意見は、全く採用されていないという

いや、意見すら、言うことが御法度になっているのか?という

日米安保みたいなことが、文化面にも通用しているのかと

思うと、情けなく思う。

 

 

もしくは、金出す方の言うままにならなければならない、て

ことか?

 

 

どちらにしても、日本人としての、自尊心を忘れたくはないものだ!!!

 

 

 

 

映画 ブラックレイン 1

上映された時は観なかったが、昨日初めて観た!

 

登場人物が、もう 高倉健 を含む何人もが、亡くなっていたので

いつ頃の映画だったっけ?と思いながら観ていたら、

夜のお姉さん達の髪型が、前髪の上の髪をクルッと後ろへ巻いて

立たせていたので、30年近く前の、バブルの頃だな!と

すぐ 分かった!!!

 

 

最初は、アメリカが舞台!

飲み屋に、松田優作が 殺しにくる!

この時 確か、優作 すでに ガンで、痛みをこらえながら

演じていたと聞いたような・・・

 

 

後からそんなこと聞いたら、ふびんで、

悪役なのに、あーーこの時辛かったろうに、

よくこの出番の多い役をされたなぁ!と

寅さんの最後の方の作品を観た時と同じ感覚で、

悲哀を感じてしまった!!!

 

 

それで、すぐ 日本の大阪が舞台になって、健さん登場!

健さんは、日本の男のあこがれの象徴!

寡黙で、「自分は 不器用ですから」と、多くを語らず

優しく、行動力のある、忍耐強いイメージ!!!

 

 

きっと、みんながあこがれるのは、

ホントは、そうなりたいのだけど、なれないから、

あこがれを持って 健さんを 観るんだろうなぁ と思う。

 

 

敏雄 ラジオ出演 してきました!

和歌山市以外の方、FMバナナ 87.7だったので、

電波が届かない地域の方はごめんなさいでした!

 

1時間の生放送だし、演奏も生だし、家族は

ドッキドキで家で聴いてました!

 

 

後から考えると、ロイネットホテルの二階のバナナスタジオでの

公開生放送なので、聴きに行っても良かったのだけど、

私もレッスンがあったし、ダーリンが、「来なくていい」と言ったので

「はい そうですか!」と言うことを聞いてたのでした。

 

 

ラジオの前で正座して、「おお!電波に乗ると、良い声やな ♪」と

惚れ直しました。

1時間の長丁場!!!

 

 

演奏のリハの時、バック伴奏の「伴奏君」が、突然 速いテンポで鳴り出し、

機械物だから、ヤマハのスタッフが、

「本番も もし、ダメそうだったら、手で  バツ!てやりますから、

その時は、すぐ違う曲に替えてください!」というムチャぶりがあったらしく、

何とか本番の伴奏君は、機嫌を直してくれて

うまく機能してくれました!

 

5曲、て聞いてたのに、念のため持って行ってた曲も全部やるはめになって、

 

 

伴奏君とギターでクラシック、ギターでポップス、

アコースティクギター(スチール弦)で弾き歌い、

ウクレレでロック、ウクレレでハワイアンの弾き歌い、最後 ソロでクラシック

合計6種類の奏法で、8曲 弾きました!!!

 

終わったら、曲の合間はすぐトーク!

 

我が夫ながら、よくやった!と

玄関の廊下に、彼の好きな皮つきピーナツをつないで

「お つ か れ」と文字を作って 迎えました  ♪♪♪  (安っ!)(気持ち気持ち ♪)

 

声やギターの低音て、乙女には、ドキッとする魅力があるのよね!

もう、ちっちゃなことは許しちゃう ♪♪♪   という気持ちにさせられる時間でした!

日が経つとその効力も無くなるのだけどね!!!

 

再放送が 30日土曜日の午後4時〜5時にありますので、

聴き逃した方は、FM87.7に Tune in  !!!

 

 

 

 

ダーリンラジオ出演!

28日木曜 FM バナナ 87.7に

ダーリン 敏雄が 出演します!

演奏もします!!

夜 8時〜9時 です!!!

お時間があれば、聴いてやって
くださいね!!!

小田和正の歌

思春期にオフコース時代から聴いていた。

 

今聴いても、全く色褪せない!

 

どちらかというと、女性のファンの方が多いのかな?と

推測する。

 

長渕や尾崎ファンに男性ファンが多いように、

ファンの性の傾向は あるだろう。

 

なぜ、女性のファンを惹きつけるのか?

 

だって、聴いてて、

「なぜ 小田さん、 女の言ってほしいことがそんなに分かるの?」

と思う!

女が書くなら分かるけど、

野球少年だった、大学で建築を学んだ小田さん。

どちらかというと、男っぽいのかな?と思われる経歴!

どうして 女の心の機微が分かるのか?

 

 

小田さんの歌は、季節でいうと、秋から冬が似合う!

失恋なんかしてる時なら、泣いちゃう!

 

今でも聴くと、十代の頃をバッと思い出す。

 

 

前回書いた、声の良さも大きいと思う!

第一声で、心に、水より小さな分子が、スーーーーと急速に

染み渡るように入ってくる!!!

 

 

そんな歌手めったにいない!

この曲のサビいいよね!て曲ぐらいならたくさんあるけど、

第一声で 心に染み渡る歌手は、そうそういない!!!

 

ホントに、稀有な歌手です!!!

小田和正の声 2

小田さんの声!

例えば、スターダストレビューの  かなめさんとデュオで歌う。

 

かなめさんも高音の出る上手い方!

関係ないけど、いつもニコニコしてて、

「音楽性は高く 腰は低く」と自ら言われてるだけあって、

良い人そう!!!

 

かなめさんが歌う(充分上手い)。

小田さんに代わる。

あーーー!  声質が全然違う!!!

 

小田さんの声は、表面がビロードのように柔らかく、

だけど、芯がしっかりある声!!!

 

一声聴いただけで、ステキ ♪♪♪ と心が奪われる!!!

声ってもんは、生まれもったものだから、

こうなりたい!と努力でなれるものではない!

 

私は、歌心があるつもりだが、声質が合わないポップス系は

どれだけ大好きな曲でも、思った通りの歌い方ができず、

カラオケでいつも悔しい思いをする!

声さえパーンとでてくれたら、天童よしみでも 美空ひばりでも

負けじと歌えるのに!!!

(古すぎか?)

 

余談だが、美空ひばりは、楽譜が読めなかったらしい!

耳で全部 覚えたらしい!

私らあながち 読めるから、覚えようとかしないで、

そこの能力が劣ってきてないか、心配になる!

(ピアノはもちろん暗譜します)

 

辻井伸行さんも もちろん 全ての曲を  暗譜で、

頭に全てですもんね!  スゴイ!!!

 

 

話それまくりましたが、小田さんは もういいおじさんなのに

あんなに、デリケートなキレイな声をキープされてて

スゴイなぁ!と感心してます!!!