ブログアーカイブ

大雨 大丈夫ですか?

まず、ココ和歌山でも真夜中にスマホから
避難勧告の警告音がなり、飛び起きて
自分の地区が入っていないか確認!

 

無かったので、またウトウトと寝かけたら
またけたたましく鳴る!

 

夜中に洪水の中避難するのは返って危険!
でも、土砂崩れだったら、夜中でも家が
崩壊したら命の危険も!!!
夜中だとか言っていられない!!!

 

皆さんの被害がないことを、祈るばかりです。

 

最近、地球温暖化のせいか?50年に一度の・・・
みたいな異常気象が続いている。

 

うちは、東日本大震災の数年前から、
太陽光発電をつけた!

 

それは、原発に頼らない暮らしがしたい!
という うちの意思表示だった!
震災前だったから、高かったですよ!!!

 

だけど、原発に全て依存していながら
原発反対!とか言っても、自分の中で
つじつまが合わない!

 

うちでは、数字上では、95%の電力を
太陽光発電でまかなっています!

 

数字で見れば、すご〜い!!!と、思われるでしょうが、

やはり、冬のガスの床暖、夏のエアコン、
その支払いは大きいですから、
初期投資の元がとれるか?も分からない状態です!

 

それでも太陽光発電をやろう!と決めた
のは、大人になって変わってきた私の性格!

「鳴かぬなら、私が鳴きますホトトギス ♪」という、

後悔するなら、やってから後悔せい!!!という

イヤにポジティブシンキングになってきた
今日この頃・・・の気性のせいです!

 

ガスも地球温暖化に関わってるから
ホントはいかんのですがね!?

 

なかなかエネルギー問題は、スッパリ
これでうまくいく!という答えが
気持ち良くでない問題であるからして、
しかし、個人一人ひとりが、自分ごと
として考えなければならないのでは
ないのでしょうか?

 

と、夜中に警告音を聞きながら思ったのでした!!!

黒人さんへのあこがれ♡

それを初めて意識したのは、

親が決して裕福な暮らしとは言えない中で
レコードプレーヤーとクラシックの
LPの10枚セットみたいな、有名なクラシック曲が

たんまり入ったのを私に買ってくれたことにタンを発する!

 

母も好きだったみたい!
戦中戦後、何もない中で、日本中がそうだったように

文化に飢えた状況の中で入ってきたクラシック音楽は、

うちでも大きな影響を受けた!!!

 

母と私に・・だけだったみたいだけど!
人によって好みがあるからね!

 

そのレコジャケに、海外の風景の中で
佇む、美人な外人さんが一枚に一人ずつ
写っていた!

 

どの人が一番好きかな?美人かな?と
3~4才の子供心でも、見比べたりした!

 

金髪で色白でお目々パッチリの人?
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

私はこの人!!!と、1番に選んだ美人は
褐色の肌で彫りの深い黒髪の黒人さんだった!

 

よく男性陣から、金髪のオネェチャンを連れてたら

カッコイイように言われるけど
私は全くその既成概念外の感覚!

 

だから、好みの男性もベッカムみたいな男前

(古いか?イケメンか?)なんか全然いいと思わない!
チョットアラブの血が入ってそうな
黒髪、黒ひげの彫りの深い顔がタイプ♡

 

それに、陸上短距離なんかで観る、
筋骨隆々な肉体!お尻がキュッと上に上がった肉感!

他の人種じゃ太刀打ちできましぇーん!みたいなそのバネ!

ブラックミュージックなどで聴く
豊かな声!全て素晴らしい!!!

 

だから、黒人を見下すとか、意味が
分かんない!!!
尊敬している!!!
ちゅーか、スゲーって、感動する!!!

 

なので、ハイ、昨日からのお題がやっと
繋がってきました!(お待たせしました)

 

ヴィーナス ウィリアムス姉妹の、分厚い
胸板、ガッチリした腕、上がったお尻
全て筋肉なんじゃ?と思うほどの体格と
男勝りなパワーとプレイ!!!

 

観ていて気持ちいい♡
(たぶん、自分にないものだから!)

それが、決勝戦で、姉妹対決!とか
やってくれると、ますますおもしろい!

 

同じ両親、遺伝子?、コーチ、
さぁ条件がほぼ同じで、どちらが強いか?
というトップ中のトップを争うゲームは
最高におもしろかった!!!

アーー!ウインブルドンの季節到来!

私、テニスはしない。

はっきり言ってできない!

 

スクールの体験に行ってみたけど、
コーチのゆーるい球でもラケットが
腕ごとヒャ〜ッと後ろに持って行かれ
打ち返すどころの話ではない!

 

しかし、ウインブルドンは高校生の
頃から観ている ♪

ちゅーか?すごく感動して観てた!

 

ウインブルドンて、伝統があり、最後の表彰式の時には、

イギリス王室の偉い人が直接、準優勝者と優勝者に

声をかけて、タテみたいのを渡すじゃない?

 

生の芝だし、すごく神聖な特別な試合!て感じで、

観てる方も真剣に観いざるを得ないような気分になる!

 

アナウンサーや、解説の人がサービスの時に
選手の集中の妨げにならないよう小声になり黙るように、

こちらまで音をたてたら悪いわ!と、息を殺す!!

 

ルールも知らなかったけど、観てるうちに分かってきた!
ゼロ0をラブ♡ていうのも、何でか知らないけど、ステキ!

 

私の高校生の頃は、最近、スポーツでよく採用されている、
ビデオや機械でセーフかアウトかを、

異議申し立てして判定を仰ぐヤツ!

 

あーゆーのなかったから、審判の誤審では?
疑惑が勝敗を分ける時があったから、
最近の機械を使った判定リクエストは、良いよねー!
後々悶々しないでいい!!!

 

伊達公子とグラフの伝説の試合もリアルタイムで観てたし、
伊達に勝利の女神が微笑みかけたその時、
夕暮れでサスペンデッド?で、あくる日に試合持ち越し!

 

あくる日グラフは、調子を取り戻し、
伊達無念!!!
アーーーン!あのまま試合が続いていたら
伊達さん勝ててたはずなのに!!!

 

という、甲子園での和歌山箕島対星稜戦
延長18回で箕島勝利!という今も語られる

伝説の試合みたいに、リアルで観てると、

鮮烈に頭に心に残る試合に出会えるもんで、

それは、音楽のコンサートでも一緒だけどね!

 

すいません、しばらくウインブルドン
シリーズになりそうです!

ボディーブローはキクー(>人<;)

1週間で、精神的に 3回!
ネガティヴストレスを受けた!

自分が悪いことならまだ我慢して反省する!

 

自分は悪いと思ってないのに、
他人が怒ってる!とか

順調にいってる ♪と思ってたレッスンで
実は家でやめたい!と言っていた!とか

そんな時のショックは大きい!!!

 

自分は正しいこと言ってる!と思っても
先輩が「白」と言ったら「黒ですよね?」
と言うことも許されないなんて!?!?
日本はおかしい\\\٩(๑`^´๑)۶////

 

レッスンは、私ができる子に安心しきって
子供の反応に鈍感になってしまってた
(≧∇≦)反省 & 直ちにその子の気持ちに
より沿ったレッスンに方向転換!!!

 

楽天的な知人が、こんな時は
どう言うかな?と考えてみる。
「勝手に怒ってるんやから
ほっといたら?」とか言うかな?

 

そうだ!きっとあっけらかんと
そう言うに決まってる ♪

そうだ!そうだ!と・・・頭では考える。

 

しかし身体は正直、胃腸がストライキを
起こして、膨満感でお腹パンパン!
苦し〜! 食欲ない〜!
腸は第二の脳!て言うからな!?
身体には落ち込む私をだませない!!!

 

でも、こうやって、一つ一つの
一喜一憂を、逃げずに今までやってきた
んじゃないの?
うれしいことを喜び、ふつうのことに
感謝し、困難にもいつか好転すると
信じて対処する。

 

そうやって、自分の正しいと思う
チョイスを毎日し、行動する!

それしかないよね?

映画 3本目 「羊と鋼の森」

確かこの小説、本屋さんが選ぶ
「本屋大賞」に選ばれた本だと思う。

調律師の物語なので、ずっと気になってた

ところに、映画がきたから、その週

私が観る映画、3本目となるそれを観に行った!

 

はいはい! いい話ですよ!
若者が調律師を目指して、挫折を
味わいながらも、成長していく話!

 

私が10代なら、素直に感動していただろう!

 

・・・が、おばさんは、もういろんなことを

経験してしまって、素直に作り手の狙うようには、

心を持って行かれなくなった!

 

持って行かれないように、用心するようになった!!!

てのが正しい言い方かもしれない!!!

 

まず、就職して、理想的に仕事や人間性がすばらしく、

非の打ち所がない先輩達に囲まれる!てことは稀だ!!!
自分のことを、真から思って成長を
見守って声をかけてくれる先輩も稀だ!

 

主人公のおばあちゃん役の、吉行和子が
シワが無さすぎてお肌パーンと
張ってるのもおかしい!!!

 

日本は、自然な老化を受け入れない
文化か?と心の狭さが見えて、ガッカリ
する!

 

最後、主人公が披露宴会場で、ピアノの調律を

とても入念に、ピアニストの学生さんと話し合って、

仕事をする!
どこへでも響きが届くように、細心の注意を払って!

 

私ら夫婦、映画が終わって口を揃えて言った!

「そんな所で、誰もピアノの演奏なんか

聴いてない!聴いてない!」と!

男は、酒を食らい大声になり、女は料理の味もそこそこに、

おしゃべりが止まらない!!!

 

そういうもんですよ!!!
実際そういう所で、仕事をしてきた
から分かるんです!!!

 

飲み食いしながら真剣に演奏を聴いて
くれる人なんかほとんどいない!
いても、周りの雑音にかき消され、
聴くことができない!!!

 

多くの人が、なんか鳴ってたな?
ぐらいの認識ですよ!

 

アーーー!!!
これ、なまじっか知ってる世界のことだから、

素直に感動できないのかな?

 

次は、全く知らない世界のストーリーの
映画にすっぺ?

 

またそれも、現実味がないから
分からない!とか言うんだろうか?

 

それでもいい!!!
「どうせ映画なんてつまらないから行かん!」

とかなったら、人として味気なくなるだろうから。

 

音大時代の今は亡きこわ〜いピアノの先生が

おっしゃってました!

「あなた達!練習ばっかりじゃなしに
映画とかも観なさいよ!!!」

 

はーい!先生!観てまーす!!!
練習はしてませんが・・・
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

映画 2本目「万引き家族」

こないだ、是枝監督がフランスで賞を
「うなぎ」以来二十数年ぶりに日本の
作品が撮ったという話題作!

不思議な他人が同居する家族。

全く他人ごととして観られなくて息苦しかったわ!

 

少ない年金を頼りに命をつなぐ、
虐待のニュースは毎日のように聞く、
スーパーに行くと「万引きは犯罪です!
最近、寂しさやストレスから犯罪に手を
染める人が増えています」という
アナウンスがいつも流れてる!

 

常時アナウンスを流すほど、
よっぽど万引きが多いんだろうなー?

 

年金をもらってたおばあちゃんが亡くなったら?

 

ちよっと判断を間違えば起きかねない
身近な犯罪にゾッとした!!!

 

絶対、ハリウッドでは作らない映画
だろうな?と思った!
日本の感覚とフランスの感覚は合うのかしら?

映画ザンマイ

車で映画館まで1分の恵まれた所に住んでいながら、

あまり頻繁に観る方ではない!

よく観に行かれる生徒さんから、
「先生ら、直ぐに行けるのに!もったいない〜!」

と言われる!

 

行きたい映画があまり無い!てのが
ホントのとこかな?

 

私はあの俳優さんが出るから行こうかな?
て感じで、人を目当てに行くかな?

 

んーーー!?
結構 映画って、ガッカリして帰ってくる
ことも多く、あまり感動した!!!
て経験は少ないかな?

 

すぐに泣くけど、これってわざと
泣かされてるよな?と思ったりして!

 

作りものだから、わざとで当たり前なんだ
けど、歳を重ねたり、いろんなことを経験
する内に、ドンドンうがった見方をして
しまうようになり、素直に観られた若い頃
に、たくさん観ておいた方が良かったかな
?とも思う!

 

だけど、人それぞれの感じ方で言いわけで。

 

自分が行きたいと思ったら行くし、
つまらないと思ったら、それでいいし、
感性を人と比べる必要もなく、
押し付けるのもヤボだし。

 

コレって、音楽やコンサートでも共通して
いるな!

 

だから、生徒さんにすすめて、「退屈なコンサートだった!」

と思われて、もうクラシックコンサートは行かない!
と決めつけてしまわれたら、逆効果!
でも、若い内に本物に触れてほしい!と
いうのも本音!

 

ここんとこ 難しいですね!

この話はまた改めて!

 

で、珍しく私、今週 3本観に行きましたよ!

一本目はこないだブログに書いた
「終わった人」

原作者の内館牧子さんも映画の中で何度も
出てきます!
個性的なお顔なので直ぐにわかりました!

 

その隣にいつも、これまた個性の強い
キャラの人がいつも座っていて、私は
その人がめっちゃ気になり、笑わずには
いられなかったです ♪♪♪

笑える映画は良いね! 身体に良い!

一人バックコーラス ♪

歌手のバックコーラス歌手に
なりたかった私。

声質が合わないから あきらめた!!

 

だけど、こっそりやってますよ!
(副業って意味じゃないですよ!)

 

車の中で、好きな歌手の歌を聴く!

何度も聴く → 一緒に歌える→ 更に
密度濃く参加したくてハモる!!!

 

メロディから3度下(音楽初心者の方のために解説!
ドとレは2度離れてるという言い方をします。

メロディから3度下で歌ったらハモってキレイに聴こえる ♪

という様な音程があります!)

6度下、3度上、いろいろその日の気分で
ハモる音程を変えてみる!
運転しながら・・・

 

でも、もうこれは、何度下だな?とか
頭で考えてやっていません!
自分の感覚で声を出してみて、
「アッ、このラインキレイにハモれる!という風に、

身体が勝手にやってる!
といった感じでハモりを楽しんでいます。

 

だって、しっかり考えこんで、これは
音楽の決まり事「楽典?音楽理論?」で習った、

メロディと同時に5度上がったら、禁則連続 5度だから

使えないな!
なんて考えてたら、事故っちゃいますから〜〜〜〜

 

こうやって、誰にも知られずに
夢のバックコーラスを楽しんでおる次第であります ♪♪♪♪♪
(これなら、キショ!て言われる心配もないし*\(^o^)/*

ヒャッホー ♪♪♪

なりたかった職業!

一応、ピアノの先生は、なりたかった職業

なんですが・・・

 

私が幼児の時に、母がピアノの先生に、
「ピアノの先生になるには、どうしたらいいですか?」

と聞いていたのを覚えているから、もうその頃に、

母のあこがれ☆である職業になるよう、
洗脳されていったのかな?とも思う!

 

だから、それがなかったとしたら、
何になりたかったか?と、自分を振り返った時、

自分の中から純粋にしたかった職業!

 

それは、歌手のバックボーカル ♪♪♪

 

多感な頃、歌手が歌うのもステキだけど
そのバックでハモって歌ったり、
イントロや間奏でグッタイミングで
聴こえるバックコーラスにしびれた ♪♪♪

しーかーしー!!!

私、声質が、どちらかというと声楽向きの
ファルセット声!
この声でポップスや演歌は似合わない!
ちゅーか、遠慮のない人には、
「気持ち悪っ」と言われることも!!!

 

生まれ持った声を気持ち悪がられたら、
顔を見て「気持ち悪っ!」ていうのと
同じくらい失礼なこと!!!Σ(-᷅_-᷄๑)

 

録音した自分の声は嫌いなのは皆同じ!!!
それを受け入れ、さらにどうその素材を
生かしていくか?は、ずっと考えてきた!

声だけは、天性のもの!!!
私がいくら美空ひばりと同じに歌えるのに!!!と思っても、

(ちょっと古かった?)

音楽性は、情熱は、負けないのに!!!と思っても、
声質だけは、努力で変えられるものではないのだ!!!

 

だーかーらー!!!
バックコーラスやってるお姉さんたちは、
パンチのきいたパワフルボイス!!!
私がなれるわけもなし・・・

 

まぁ 自分にないものにあこがれる!て
ヤツかもしれないな!

 

わたしゃ せいぜい ちびっ子のレッスンで
声を張り上げて歌う、カラオケで自分の
声質に合った曲を探す、

 

その努力ができるぐらいなので、
与えられた声で人に貢献できるよう、
がんばって生きていきます。*\(^o^)/*

映画「終わった人」観てきた!

今 話題の、内館牧子の小説
「終わった人」の映画を観てきた!

 

映画では舘ひろし主演!
その時点で、主人公は終わらないでしょ?と思ったが、

あまりにも終わった人を配役にしたら、

客が入らんだろから 仕方ないな!

 

うちの親戚にもおるおる!!!
あんなオッチャン!

退職後、ハローワークへ履歴書持ってったら
「こんな経歴の人は、どんな仕事もムリ
でしょう?」と経歴凄すぎて断られまくった
オッチャン!

オッチャンいわく「いやいや、できるだけ
責任の無い、仕事がしたい」んですって!

 

人それぞれでんなー!?

 

退職後、その習性が抜けずに、どんな集まり
ででも偉そうに命令口調の人!

 

万年ヒラ社員だったサラリーマンは、
おじぎする時は、いつも腰から90度に頭を
下げる!

 

校長先生だった恩師は、「下界に下りて
くるのに7年かかった!」と言ってたなー!

 

突然バタンと仕事をとられるのは、そりゃ
ショックなことでしょうなぁ!?

 

自分がもう必要とされてないんだ!てことを
認めざる得ないんだから、それを機に
認知症になって、て人もいるだろう!

 

定年前から違うことの助走をつけて
退職後すぐにそっちに情熱を乗り換える
覚悟をしておかないといけないのかなぁ?

 

まぁ、私達夫婦には、全く関係のない話!
だって、定年なんて無いし、退職金も
厚生年金も無い!!!

 

キリギリスのように優雅に音楽を

奏でてるように見せかけて、

身体が埋まってる地下では、アリの様に
死ぬまで セカセカ動き回って働き続ける!!!

 

「一人アリとキリギリス!!!」や

 

どうや!? 内館はん?
今度このタイトルで書きまへんか?