月別アーカイブ: 10月 2017

「みんなそうですよ!」と 言ってもいい?

「発表会で異常に緊張して、普段の力が出せないから、

発表会に出るのがイヤだ!」と言われる大人の生徒さんに

 

「みんなそうですよ!みんな 緊張して、間違えてる。

自分のことは、すっごくショックですよね!

だけど、人の演奏なんて、みんな覚えていないから

大丈夫!」    と、励ましてきました!

 

 

ところが最近、私が習っている趣味の先生に、

「みんなそうですよ!」とか「みんなこうしてるんですよ」とか

言われて、不愉快になった!

 

私が「こっちは、真剣に習っているんだから、先生にいい加減な

ことをされると、腹が立ってくる」と言うと、

「先生達も、みんないい加減にしようと思ってる訳じゃない!

ただ、完璧な人間なんていないんです!」と言われた!

 

 

いやいや、先生!今までの他の先生とのいきさつを

詳しく知らないで言ってるでしょう?

 

生徒である私が文句を言って悪い!と決めつけて言ってるでしょう?

 

「みんなそうですよ!」の使い方の良し悪しが、

分からなくなった!!!?

 

私の母も、私が不調を訴えると、すぐ「私らでもなるよ!」と

決まって言ってくる!

 

いやいや、あなたとは、年齢も体質も仕事も環境も違うのだから、

詳しい状況を聞かないで、「私らでもなるよ!」と軽々しく言ってほしくない!!!

 

 

それは、ただの気休めであって、そうやって、その場を平穏に

収めようとする常套句であり、実際に真剣に相談に乗ってあげようとか

共感してあげようとか、そういう気持ちはミジンも入ってないことが分かるから

「みんななるよ」に腹が立つ!!!

 

 

やっぱり、まずは、相手の話をじっくり聴く!

「辛いですねー」「不安な思いをさせましたねー」と共感してあげる!

その上での「それは みんなそうですよ!」なら納得できる!!!

 

 

しかし、いきさつを知らないで、しっかり話を聞かないで、

「みんなそうやわ!」とキレてくる先生には

ついて行けない!!!

 

たかが習い事! されど習い事!

フーーーーーッ!!!

体重減った!!!

 

ダーリン敏雄 今日 海遊館でウクレレ発表会

ヤマハ主催の ウクレレ発表会!

海遊館で毎年開催されている。

 

主人の生徒さんもグループで参加される。

ウクレレ て、結構 ギターと同じようなことができるらしい!

私も、去年 聴きに行ったが、へーー!そんな曲もできるのね!と

ビックリした!

 

主人の生徒さんのグループは、女性で、お子さんが三人もおられたり、

お仕事されてたり、お忙しい方が多い。

 

いつ練習や合わせをなさってるのか?感心な皆さんばかりだ!

 

レッスンの後 お茶したり、すごく楽しんでおられる様子!

妻も母も息抜きが大事よね!

自分が楽しんだから、サッ、家事に家族の世話に精を出そう!と

切り替えて、頑張れるもんね!

 

何でもメリハリが大事!!!

 

で、朝から和歌山は 警報出たけど、大阪は開催決定だということで、

皆さん「行く!!!!」のお気持ちが かたく、

主人も生徒さんに合わせて買った赤いチェック柄のシャツ着て、行きました。

毎年 アロハじゃ飽きるもんね!

 

台風にめげずに行った生徒さん達の 好運を祈ります ☆☆☆

 

 

ホリプロ 元社長

「顔の印象」つながりで 今日のお題を!

 

和田アキ子、山口百恵、山瀬まみちゃんとか、キラ星のごとく

売れっ子が所属している芸能事務所 ホリプロ!

 

創業者は、堀威夫(ほりたけお)

バンドでギタリストとして活躍し、後に芸能事務所設立。

今のところ肩書きは、「ファウンダー 最高顧問」だって!

 

で、以前、良いこと言ってるなーと思ったことを紹介。

 

勝利の法則として「いい顔つくろう」を教訓としているらしい!

「また 会ってやってもいいかな?」と思わせないといけない!

 

そういえば、大企業の社長や重役 て、見てそうと

すぐに分かるくらい、みんないい顔してる!

貧相で、暗い顔の人なんていない!!!

 

もう一つの教訓 「いつだって青春」

 

人は、歳を重ねただけでは老いない!

理想を捨てた時に老いが始まる!

 

確かに!

 

うちの父、もうとっくに平均寿命を超えているのに、

子供のような純な遊びへの欲望を持ち続けて、

イキイキと元気に人生エンジョイし続けている!

 

子供の頃は、迷惑だったけど、今は、元気でいてくれることが

子供孝行なので、ありがたいこと!

 

わからないねー?人生!

以前は、家族で非難していた自分勝手に遊ぶことを、

今となったら、みんな学べ!自分を大事にして長生きしよう!

 

ていう認識に周りが変わってきたんだもの!

 

父のことは放っといて、、、

 

顔!

歳とった時に、苦労ジワが顔に刻印されないように、

今から ハッピーで、人にもハッピーを分けられるような

顔でいなくちゃ!!!

第一印象 2

過去、仕事でもプライベートでも、初めて会った時

「この人めっちゃ失礼な人やな!」とか

知らない人でも「服の趣味が、私にはありえへんなー」と思ったら、

後で 知り合いになり、「いやいや、見た目で人を判断してはいけない」と

第一印象を払拭して、何年も付き合っていく。

 

 

すると 必ずといっていいほど、

「あーーー、やっぱり 第一印象と同じで、もう付き合っていかれへんわ!」と

思うことが多い!

というか、確実にそう!!!

 

 

好きな人もそう!

初対面で、ただ挨拶しただけで、好きなタイプだとか

その時 思いもしなかったのに、心臓が 勝手にバクバクした!

今から考えると、それは 運命の赤い糸だった!とか。

 

 

テレビの芸能人で、仕事が順調にいってる人。

言葉の端々に、なんかおごりのようなものが 感じとれて、違和感を感じる!

すると、本人か家族が不祥事を起こしてテレビから消える!

 

自分をこのように、客観的に見られれば、

全く苦労はしないのたろうが、私も例にもれず、

自分のことは 分かっていないと思う!

 

話す言葉、顔の表情に、性格、生い立ち、送ってきた人生が

本人の意図と関係なく、表れてしまうもの。

 

 

私も以前、生徒ちゃんのママに、「先生◯◯スーパーでお見かけしたけど、

話しかけてもいいのか?と迷ったんです」と二度ほど言われたことがある!

 

そういえば、あの頃、めっちゃ疲れてて、だけど このスーパーの特売の日だから

しんどいけど、買いだめしなくっちゃ!と

重い身体を引きずって、買い物してた!

それが、暗い表情になって、ママさん達が近寄りがたい雰囲気を

自分で発していたことに、最近気づいた!!!

 

 

遅い!!!

 

でも、その最中にいる時は、分からないのよね!

そこから頑張って成長して、上に抜け出たら、

「あー あの時、良いコンディションじゃなかった!」と気づくんだけど、

上の世界に行けなければ、永遠に分からないもの。

 

だから、最近、スーパーでもニンマリしてますよ!!!

 

アブナイ人と違いますよ!!!

 

 

 

第一印象

人間誰しも、この仕事やってきたからとか

家事を何十年もしてきたから、段取り上手だとか

趣味を何十年してきたから、歳を重ねても若い子には負けない、とか

いろいろ 得意な分野ができてくると思う。

 

私は、子供の頃の環境、生まれ持った性質など合わさってか、

人を見る目が、高校生、いや、小学生の頃から「あった」という

表現でいいのかわからないが、周りの人より、敏感に感じとれるという意識がある。

 

 

学校の先生でも、この先生は、一人ひとりを見てくれてるなぁ!

この先生は仕事と割り切って、一人ずつに気を配るということはないなぁ!

今度の担任は、感情的になったら、話できないなぁ!

 

 

芸能人でも、結婚のニュースが流れると、

このカップル、違和感ありすぎる!

私がそう感じたカップルは必ず離婚した。

 

 

最近亡くなった梨園の妻の元ニュースキャスターを

結婚する前に顔をよ〜く見た。

「この方、完璧に美人だし、花形の職業だし

売れっ子男前  芸能人との結婚が決まっているのに、

なぜに、真顔になった時に、こんなに暗い陰が目元を覆ってるのだろう?」と

不思議で仕方なかった!!!

訃報にショックを受けながらも、自分の見る目通りになっていくことが

逆に怖かった!

 

私自身の体験は次回に!

 

 

木を見て森を見ず

私、細かいところをきっちりやりたいタイプ。

長期将来も展望して考えるタイプ。

 

ところが、ええ加減に見える人の方が、家庭面、健康面、仕事で

うまくいってるのをみると、

なんで? 何も考えてない人の方が、

細かいことは見ないで適当におおざっぱにやってる人の方が、

結果としてうまくいってるのか、

理解に苦しむ!!!

 

 

なぜだろう???と考える。考える。考える・・・

 

で、たまたま目に留まったドイツ人と日本人の比較の本で、

「木を見て森を見ず」の言葉に出会った!!!

 

この言葉は、以前から知っていた!

仕事先の楽器店での他の先生との会話で、

この言葉が 出て、「私は、木を見てというよりも、葉脈見る方です」と

答えたのを覚えている。

 

 

細かいところを大事にしたい!

目に見えないところ、

例えば、換気をよくしてキレイな空気の所で

生徒さんにもレッスンを受けてもらいたい。

 

 

例えば、人の気持ち

こちらから、注意深く表情や会話から察して、

その人の心に共鳴して、それから、より良い方向へ

いざないたい!

など、自分が大事にしているのは、パッと見、すぐに分からないところ。

 

 

これは、人それぞれ、生まれ持った性格もあるから、

自分は適当でいいんよー!て人がいて当然だし、

私の中でも、ここはこだわらない!と決めた部分もあるから、

何が善で何が悪、といった問題ではない!

 

しかし、こだわってがんばってきたことを!

もしくは、一生という長いスパンで、こんなに大事なことを私、

できなかった!

 

 

今までの、がんばって生きてきたのは何だったんだ?

と思わずにいられないことが、いくつもあります。

 

 

で、登場!

 

「木を見て森を見ず」

 

あーーーーん!!!

 

そうか、私は一生懸命  葉脈を丁寧に見ていたけど、

俯瞰して、森を見ていなかったんだな!

 

 

と 気づいたら、日常の暮らしの中でも、生きやすくなった!

 

夜遅くなった!もしくは非常に疲れた!

 

以前なら、自分の決めたルーティンを、やらないことが気持ち悪くて

しんどくてもやってた!

変に真面目過ぎるとこがあった!

だって、ピアノの練習がそうだもんね!

今日はやめとこう!と一日休んだら、確実に腕がおちる。

だから、しんどくたってやってた!

 

 

一見、正しそうなそんな行動も、結局 手を痛めたり、

明くる日に疲れが残ったり、人生という大きな目で見ると、

間違いなんだ!

 

 

身体、健康を犠牲にしてまでも やらなければならないことなんて

ないですよね!

子供のために、、、とかは、気持ちは分かるけど。

だけど、お母さんが疲労で身体悪くしたら、

結局、その大事な子供に不便をかけることになる!

 

 

出かける前や寝る前、時間がなくて、自分のルーティンをできない時、

葉っぱに合わせてたフォーカスを、ズーーーーンと引いて

森が丸ごと入る位置にカメラを遠ざける!

 

あっ!今の目的は これなんだから、今、これを最優先にして、

あとは、捨てる!!!

 

どんな状況になっても、レンズの調整を直ちにすることで

優先順位がハッキリと見えてくる!!!

 

 

だから、いい加減に見えても、うまくいってる人って、

きっと無意識に、肝心なところを抑えて、

行動しているんだろうなぁと推測する。

 

あーー!

気づくのに、数十年遅かった!と思うか

分かってラッキー ♪ これから幸せになれる ♪♪♪ と思うかで

また、人生変わるなら、後者でいきます!!!

日常にも使えるキーワード発見!

そのドイツと日本を比較した本で、

日本は目先のことに右往左往する「木を見て森を見ず」タイプ

 

ドイツは、「森を見て細かい枝葉は見ない」タイプ

 

と表現されていた。

 

例えば、原発問題!

 

東日本大震災後、3か月後ぐらいだったか?

すぐにドイツは、脱原発を打ち立てた!

国民の健康を害する、未来永劫続く 核廃棄物問題を抱えた

エネルギーは不必要!という 素早い英断!

 

あの時 あっぱれ!と思いましたね!

 

当事国の日本は、被害者、消えない環境汚染を出してなお、

経済最優先、原発続行をうたっている!

もちろん、生きていくには経済は最重要課題!

しかし、こんなに世の中 便利に変わっていってるのに、

他の手段を見つけられないのか?

と専門外なので、この程度しか言えませんが。

 

脱原発を発表したドイツは、経済政策がうまくいき 好景気!

日本は、しょっちゅう内閣改造が行われ、大臣がすぐ代わる!

 

すみません、経済、政治のことを言いたかったわけではなかったです!

 

 

「木を見て森を見ず」

この言葉にハッとなったのでした!!!

ドイツ人と日本人の違い

その本で、ドイツ人と日本人はわりかし似ている。

 

規律を守るのが得意。

 

微妙な差を言うと、ドイツ人の価値観は、法を守ることがまず大事!

だから、長時間労働を会社が従業員にさせると、指導やペナルティを課される!

法で決まっているのだから、きちんと守る!

それで、顧客や市民の人達が困ろうが、休暇は絶対に守られるべきだから、

平気で休む!

しかし、企業では、その間 誰かが代わりになってやれるよう、

常に情報共有している、らしい。

 

 

日本では、どうしても休むことに罪悪感を持ってしまう。

こんなに忙しい時に平気で休むのか?といった 周りの目が

気になり、残業未払いが増え、休暇をとる率が下がる!

ドイツみたいに、法律で決めちゃった方が 労働者を守り、

結果的に企業に返ってくるのでは?と思う。

 

 

しかーし!!!

われわれ、自営業者、中小企業の経営者には、

そんな法律があっても、関係ないところの話!

自分の身は、結局 自分で守らにゃいかんのです!!!

 

次回、お待たせしました!

私がハッと気づかされた言葉 を書きます!

ドイツ人は なぜ1年に 150日休んでも 仕事が回っていくのか?

というタイトルの本を新聞で見つけ、読んでたけど、

経済のことなんで、結構 数字がよく出てきて、難しかった。

ドイツ人の休暇は、聖なるもので、誰にもおかされてはならない!という

国民の意識があるらしく、日本人みたいに、

「周りが働いてる時に休暇がとりにくい」みたいなことは ないらしい!

うらやましい ♪♪

 

 

確かに、休日がしっかりないと、健康診断にも行けず、

ストレスを抱えたままの状態から抜け出せず、病気になってしまったら、

何の為に働いているんだろう?

ということになりかねない!

 

 

リフレッシュは、良い仕事をするために、絶対必要だと思う!

脳の同じ場所ばかり使っていたら、脳の他のところや、

精神衛生にも悪い気がする!

もちろん肉体的にも!

 

クリエイティブな仕事をしている人は なおさら!

 

その本は、元NHKの記者だった人が 書いていたと記憶しているが、

最近 店頭から姿を消した!

あーーーん買わないとこんなことがあるから、覚悟しておかないと!!!

 

でも先日、ちょっと違うタイトルの本をみつけた!

絶対同じ人書いてるだろうと思いながら、(元職業が同じだし)

新しい本も目を通してみた!

 

 

そしたら、自分にとって、すごく重要なキーワードを

見つけてしまった!!!

 

 

おもしろいタイトルの本

ほとんど新聞の切り抜きの本しか読まない私だが、

本屋で、フッと向こうから 目に飛び込んできた本があった!

 

「夫は 犬 と思えばいい」

 

ハハハ!とその場で1人、笑ってしもうた!!!

 

うちの旦那さんは 犬では ないですよ!

誤解のないように!

 

読んでないから、内容説明できないけど、

おそらく、夫に腹立つことがあっても、犬だと思えば腹も立たない!

てことを 言っている本でしょう!

 

犬なのに、お仕事行ってエライわねー ♪ て思える !

 

でもこの内容を、読んだとしても、決して旦那さんに言ってはいけませんよ!

 

男は、プライドの生き物!!!

 

バカにされることに非常に敏感ですから!

 

相手が変わってくれなくても、「犬なんだから仕方ない」と

自分の意識を変えましょう!!!