月別アーカイブ: 4月 2018

教育実習、受け持ちはあの先生に!

教育実習生として行くと、自分の教科の

先生について勉強、実習する他に、

担当のクラスも割り当てられる!

HRで見学、そして先生の代わりに
話をしなければならない!

 

そのクラスの担任の先生を見てハドッタ!!!

(和歌山弁で腰ぬかすこと)

 

なんと!特別指導学級の子と他クラス担任との間で起きた

文化祭事件の当事者の、あの先生だったからだ!!

 

これは偶然というより、運命的にそうなった!としか

言いようがない!

 

ほとんど入れ替わられた先生方、いくつもある学年、

多くのクラス、実習生も何人もいる!

その中でビッタシその先生に当たるとは!!??

 

あの中学の頃は、「先生許せない!」と、

我をはっていた私達だったが、

しかし数年を経て、いろいろ考えた!

 

もし、発端となった他クラスの子の

「うちの担任が、あんなになるなら、せんかったら

よかったんや!て言ってたで!」の言葉が、

正しく先生の意図を伝えていなかったとしたら?

 

私らは、その先生に、濡れ衣を着せたことになる!

それが真実なら、こちらから「すみませんでした」と

言わなければならない!

 

もう、真偽はわからない!
時間も経った!
それに、それ以外にその先生に、悪い印象を

持ったこともなかった!

 

だから、数年経ったけれど、

あの時は詳しく話し合わないで、

先生の意図を正しく理解しようとしないで、
勝手に一方的な主張でぶつかり、

「申し訳ありませんでした!」と謝った!

先生も「そんなこと、気にしてない」
と言ってくださった!

 

こんな機会を与えられて、とてもラッキーだったと思った!
イヤな思い出として終わるより、互いを理解しようと

できただけでもスッキリ気持ちがいい!

 

もし、これをあの時の我々のクラスの子が
この後日談を、読んでくれていたらうれしいな ♪

あの文化祭の後日談!教育実習に行く!

中学卒業、高校入学

特別指導学級の子達は、たぶん
養護学校へ行ったんじゃなかったかな?

 

それから私は音大へ

教員免許を取るために、余分に
教員課程の必須授業があったから、
免許を取らない子より、かなり忙しかった!

そして卒業する年には、皆さんご存知の、

教育実習に行く。卒業した中学か高校へ行く

 

私は中学へ行った!

先生方は、ほとんど入れ替わり、
知らない先生ばかりになっていたが
非常に恐い体育の男女の先生はまだおられた!

 

2000人規模の学校の秩序を維持していこうとしたら、

そのお二人の存在無くしては難しかっただろう
と思うくらい、何せ恐かった!!
昔だから、生徒も殴られた!

 

廊下で、その男の先生の5mほど後ろを
実習生の私が歩いていたら、先生が立ち止まって
後ろを振り返り「お前、教科何や?」

 

その先生とは、となりのクラスの担任とか、

うちのクラスの男子の体育を受け持ったとか、

私がフェンシング部で体育館の舞台の上で

練習してた下で剣道部の顧問をされてた、とか
直接は指導は受けていない。

 

だから、そんな大人数の中で、
私を知らなくても不思議ではなかったが、
先生が「お前・・・」と声をかけてくれたのは、

知っていた!ということだ。

 

そして、先生の記憶として
「あいつ、フェンシングで西日本大会優勝したヤツや!」

というインプットだったと思う。

 

しかし、体育準備室に実習生として来ていない!

おかしいなぁ?
いったい何の教科や?と思われ、
声をかけてくださったのだと思う。

 

「音楽です!」と答えたら、
「あーん そうか、それで体育準備室
に来てないんやな!」という感じで
大きくうなずかれた!

 

体育、音楽、なんか真逆な感じがするもんね!

人を見る基準

この人、いい人か?悪い人か?
イヤ、二つに簡単に割りふれない!

人間、多面的だもんね!

まぁ 基準はそれぞれあるだろう!

 

私の場合は、
「弱い者を最優先に考えられるか?」
かな?

 

よく、「女、子供まで・・・」という
言い方をする。

弱い者の代表として使われる。
こんなおばさんでも、昔は子供
だった!

女で子供!

最も弱い者である!

 

だからなのか?
イヤな予感、不安を察知し易くなった。
人の顔を見て、私が 違和感を持ったら
必ずその人は、後で 問題を起こす。

 

最近騒がれてる芸能人も、
「エッ?急におじさんになった感じ!
どうしてやろう?」と思ったら、
やっぱり、無期限活動停止に!

 

だって、東山くんとか見ても、何も
感じない!
やはり、顔に、雰囲気に、体型に、
内面が出てしまうんだよ!

自分の無意識のうちに!

 

私も、スーパーで、不意に映った
自分の顔を、作り顔せずに、
意識して見るようにしている。

人にどんな風に映っているのか、
客観的に見るために!

 

それが本当の私!

 

写真やビデオも嫌がらずに積極的に
見るようにしている。

 

演奏もしかり、踊りもしかり!

 

自分を一番知らないのは、
自分なのかもしれないから!!!

涙がとまらなかった!

2度目の文化祭を成功で終え、
3学期!

 

1年目に、特別指導学級の子の紹介を
その担任さんから受けた時、
「この子は、2~3才ぐらいの子だと
認識しておいてください」みたいな
話の子だった。

 

だから、普通に会話もできなかったし
廊下ですれ違いざまに、おもいっきし
ドーンと胸を突かれて「クッソー!」
と思ったことも正直ある!

 

だけど、その子の特性だから、
仕方ないなぁ、ぐらいにしか
おもわなかったけど。

 

2年目の学年末、その学級の子達が、
自分が書いた作文を一人ずつ
うちらのクラスのみんなの前で
読んだ!!!

 

さっきの「ドーン!」の子もだ!!!

 

私の心の声「えっ信じられない⁈
あの子、自分で書いた作文を
たどたどしいながらも、自分で
読んでる⁈
2~3才ぐらいって言われてた子が
結構長い文章を読んでる!!!
こんなこと初めて見た!聴いた!」

 

すごく この子は成長できたんだなぁ!
と、ハッキリと目に見えて分かり、
私、感動して、涙がとまらなかった!

 

わが子のことのように喜び、驚き、
ずっとそばにおられたその子の担任の
先生に尊敬の念を抱いた!

 

こんなにボロボロ泣いてるのは、
私ぐらいだったと思うけど、
周りのことなんか気にならずに
泣いた、

泣いた。

 

このクラスで、本当に良かったと
思えた!!!

 

この頃の体験は、私の人格形成で
大きな要素となっていると思う。

2度目の文化祭本番!

前年と同じクラスで持ち上がりで
このクラスに来た数名の子にとって
我々は、特別指導学級の子達と経験
する、2度目のステージだ!

 

去年は、舞台上で一部の子が、
おそらく その緊張感に耐えられ
なかったのか?隣の子をつき飛ばす
事件で、他の担任も巻き込んでの
てんやわんやだった。

 

今回はリベンジだ!!!

私は指揮!

 

なぜか 分からないけれど、
舞台袖で次、出番の時に、普段しては
いけない腕まくりをみんなに指図して
やってもらったのを覚えている!

 

(ちなみに、うちの旦那さんも高校の
文化祭で、プレスリー風に踊りながら
指揮をして、バカうけし、ミカンの
皮など飛んで来て、それを食べて、
さらに大爆笑をとったという逸話
を持つ!!!)

「サルか〜〜〜〜〜〜!!!」

 

旦那はさて置き、

 

いざ!!!

確か、歌にちょっと振り付けもした
記憶がある!
(音楽にのって身体を動かすのが
幼い頃から好きだったから!)

 

歌も振りもヨッシャー!!!

みんな完璧に練習の成果が出て
無事歌い終えた!

今回は全員が、緊張に耐え、
自分の役割を発揮してくれた!

クラスの生徒みんなが成長したと
確信した!

去年の失敗がなければ、
「普通に何事もなくできた!」ことが
こんなにもうれしくはなかっただろう

 

次回、学年末、
更なる成長で涙止まらず!です。

ダーリン敏雄!あさって木曜 ラジオ出演!

4月26日(木)午後8時~9時

FMバナナ(公開生放送)87、7khzの

「エンジョイミュージック」にウクレレの生徒4人と出演します

ウクレレアンサンブルとトークです

 

入場は無料ですのでお気軽にお越しください

場所は 和歌山ロイネットホテル2階の「モンキースタジオ」

聞き逃した方には4月28日(土)午後4時から再放送があります

怒涛の練習始まる!

私が実行委員になったら、もち!
展示とかになる訳もなく、合唱で決まり!

 

曲決め、パート別練習、全ての
パートの進み具合を把握。

 

男子なんか、統率するの難しいです!
それに、特別指導学級の子も入ってる

長時間になると、その内の一人が
我慢し切れず「イーーーッ」となって
帰ってしまう!

 

仕切ってる私に、女子の友達からは、
「音楽の先生になるの?」と
からかうように言ってくる子もいる!

 

私には、このクラスをまとめて発表
する責任があるんだ!
いちいち嫌みに反応してられねー‼︎

 

そして文化祭 当日を迎えました!

2年目の文化祭!

まず、クラスで文化祭実行委員長を決める!

誰も立候補しない!

先生は、生徒に任せ、全く何も口を挟まれない。

 

誰も手をあげないまま、数分が過ぎた!

 

イヤ!自分たちの感覚では、

数時間経ったように思うぐらい

どんよりとした気まずい空気が
誰も口を開かないクラスを覆い続けた。

 

私が、みんな秀才ばかりで他の事には関わりたくない!

という全体の空気だな?と思ったのは、的中!

 

みんな、文化祭なんかに、エネルギーを
奪われたくないんだ!?

そしてまた、刻々と時間はいたずらに過ぎていき、

気まずさだけが濃縮されていった!

 

もう!たまらん!!
なんだ!この、ことなかれ主義の集まりは!!!
話が進まないなら、誰もやらないなら!

 

私が手を上げて立った!!!

「私が委員長をやります!」

再び 特別指導学級の子と同クラスになりたいか?

という記名式のアンケートを
学年末に書かされました!

 

私は「もちろんです!このような機会は、

貴重な経験なので、ぜひまた一緒の

クラスになりたい!」と書きました!

 

私たちのクラスは、みんな温かく良い子ばかりで、

団結力も強く本当にいい仲間と担任の先生に

恵まれたなぁ!と

これは、みんなが思っていたと思っています!

 

だから、そのアンケートも、私と同じ
意見の子が多いのだろう!と思っていました!

 

ところが、仲の良い友達に聞いたら
「とんでもないわ!!!もう二度と嫌や!って

書いたわ!」と言うのです!

 

エーーーーー???

そんな感想の子もいるんだ?とビックリしました!
それをもし思ってたとしても、口に出すか?と、

それもビックリしました!

 

結局!おそらくそのアンケートを元に
次のクラス替えが行われ、私はモチ
同クラス!さっき聞いた友達とは 離れました!

今度のクラスは、前年と違い、
「他の事は知りません!」というような
秀才が多いなぁ!という印象でした。

 

そしてまた、文化祭の季節がやってきました!!!

保育科入学!いきなり演奏披露!

うちの生徒が保育科に入学した!

小さい頃から保育士さんになりたかった彼女は、

キチンと基礎練、練習曲、ソナチネ、発表会、

ヤマハのグレード等こちらが勧めるものは、

素直にコツコツと取り組んできた子だ!

 

ピアノ上手枠で入ってもいけそうな子だが、

その子は違う得意分野枠で入った!

 

いくつも得意なことがあるのは強い!

 

で、入学してじきに、全員みんなの前で
演奏させられた!

 

「おそらくその時に、実力を見て、ピアノの先生の

クラスを振り分けるのだろうね⁈」と、その子と話し、

その日に向けて、私もレッスンに熱が入った!

 

一回生半分の演奏を一気にみんなで、聴く!

 

私「どうだった?」

「うまく弾けた」

「みんないろいろやろ?」

「はい」

「うまい子何弾いてた?」

「ソナタ」

そっか!受かった時点で実力に
応じて課題曲をもらうんだった!

 

でも、彼女よりうまい子は、
一人か二人か?ぐらいだったらしい!

 

 

アーーー!努力が実って良かった ♪♪♪
と二人で思った!!!

 

その子は、小2からピアノを始めた!
決して早い方ではない!

 

でも、コツコツやれば、3歳から始めて
ノラリクラリして練習しないよりは、
断然効率良く結果を出せて、有意義な
ピアノ生活を送ってきた!

 

本人の自信にもなって、これからの大学生活や

職場でも、いかせていけるだろう!

 

一刻も早く習わせないと! よりは、
習わせてから、どう家で過ごすか?
の方が、いかに大事か?のお手本である!!!