ギターピアノ教室 前田

073-454-9137073-454-9137

  • mail
  • instagram
spnavtel
ギターピアノ教室 前田
  • FB
  • Instagram
  • ギター・ウクレレ教室について

    TEL
    073-454-9137
    携帯
    090-4764-9331
  • ピアノ教室について

    携帯
    080-3853-1074
icon-sec-04

きのちゃんブログ

ベートーベンを尋ねて Ⅱ

墓地からウイーンに戻った僕は、ベートーベンが療養ため住んでいた町、

ハイリゲンシュッタットへ向かった、

ウイーンから電車に乗り終点のハイリゲンシュッタットまで行く。

今度は墓地とは反対に北へ30分ほど乗った、

、                                                       、

駅を降り立つと、目の前に「回転寿司」があった、

「ランニング・スシ」と英語で書かれてあった、

ハイリゲンシュタットに寿司屋があるのに変な感じがした、

しかし、「ランニング・スシ」では早すぎて皿が取りにくい、

せめて「ウォーキング・スシ」と名付けて欲しかった、、、。

、                                                     、

イヤイヤ、そんなことを考えるためにここへ来たのではない、

先へ進まなければ、

まずは ベートーベンが歩いた散歩道を歩くために 腹ごしらえをしておこうと、

駅前にある小さなレストランに入った、

サンドイッチとビールを頼んで、カウンターで立って食べた。

横ではおじさん達がゲーム機を相手に遊んでいる、

やけに楽しそうにはしゃいでる、男はいくつになっても子供なのだろうか?

、 、

食事を済ませた僕はバスに乗り ベートーベンの暮らした町で降りた。

静かな町だ、やはり あまり人がいない。

ベートーベンが散歩した小川まで歩いた、

ベートーベンが歩いたように、僕も小川のほとりを歩いてみた。

少し、ベートーベンになったような気分を味わえた、

彼ははここで「田園」交響曲の構想を得たのだ。

しかし、昔の避暑地も今はウイーン郊外の住宅地になり、味気ないものになっていた。

周りは変わってしまったけど、この散歩道だけは当時のまま残されているのだろう。

近くにはベートーベンの暮らした家もあった。

、                                                      、

そうだ、日本に帰ったら この景色を思い出しながら、「田園」を聴いてみよう、、。

icon-sec-02

まずは無料の体験レッスンで!

ギター、ピアノ、ウクレレ。
全てのレッスンを無料で体験していただけます。
お気軽にお電話ください。

無料体験のお申こみ

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る