ギターピアノ教室 前田

073-454-9137073-454-9137

  • mail
  • instagram
spnavtel
ギターピアノ教室 前田
  • FB
  • Instagram
  • ギター・ウクレレ教室について

    TEL
    073-454-9137
    携帯
    090-4764-9331
  • ピアノ教室について

    携帯
    080-3853-1074
icon-sec-04

桂のブログ

フランコ政権下のスペイン

私のフラメンコの先生が生まれてすぐ

独裁者フランコが死んだから、先生が直接

リアルタイムで知っているわけではない

だろうが、親のしてきた苦労は、ヒシヒシと

感じてるだろう!と、私も悲惨な戦後を

強くしなやかに生きてきた親を思うと

分かる気がする!

 

独裁政治!イタリアのムッソリーニや

ドイツのヒトラーと並んで、と聞いた

だけで、恐ろしいね!

第二次世界大戦が終了しても、スペインだけは

独裁政治が続いた。

 

それをアメリカやイギリスは支持していたから

チェリストのカザルスは、スペインを亡命し

アメリカでも公の場では演奏はしなかった

(例外あり)てことは「カザルスの鳥の歌」

の回で書きました。

 

今回は、庶民の生活について。

先生いわく、一部の人は大金持ち!

ほとんどの人はチョー貧乏で、教育さえ受けられ

なかった!子供でも学校へ上がるはずの小さい

年齢から働きに出たらしい!!!

それに、自由にモノを言うことも

許されなかった!!!

 

フランコが死んだのは、たしか四十数年前

だから、まだまだ最近のことじゃん?

教育が受けられないなら、仕事もつきにくい

貧困、若者の失業率も高い、

そりゃ 観光で行く時、治安をコッピドク

注意されるのも当然だな!?と納得する。

 

そりゃ 若者や子供だって、スリやなんかで

暮らしていくより、自分のなりたい職業に

ついて、まっとうに生きたいだろう!

教育さえしっかり受けられたら、変わるだろう。

 

旅行に行って、スペインでの警戒感と、

他のヨーロッパ諸国との違いを、大きく感じる

のは、こういう歴史があるからなんだな!?と

改めて知った。

 

知識として、歴史として知ることより

国内でリアルタイムで暮らしていた人の

実感を知ることは、断然違う!!!

 

だから先生も「子供には勉強をしっかり

してほしい!」て常々おっしゃっているのは

そういう背景があったのね!?と

過去を知ることは現在を知ること!てのが

よく分かる!!!

 

でもなぜか!?

そのスペインにひどく惹かれる♡

他の国じゃダメなんだ!て思う。

世界に百数十ヵ国?国があろうとも、スペイン

じゃないと、うちら夫婦は納得しない!

てのは、なぜなのか?

自己分析不可能につき、今日はこれまで!!!

 

 

icon-sec-02

まずは無料の体験レッスンで!

ギター、ピアノ、ウクレレ。
全てのレッスンを無料で体験していただけます。
お気軽にお電話ください。

無料体験のお申こみ

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る