ギターピアノ教室 前田

073-454-9137073-454-9137

  • mail
  • instagram
spnavtel
ギターピアノ教室 前田
  • FB
  • Instagram
  • ギター・ウクレレ教室について

    TEL
    073-454-9137
    携帯
    090-4764-9331
  • ピアノ教室について

    携帯
    080-3853-1074
icon-sec-04

桂のブログ

梅雨時のピアノ

もうこんな日本の梅雨の季節は、ピアノに

とって最悪な時期↘️

 

湿気は木に、ハンマーのフェルトに、弦のサビ

に、そして音に!良いこと何にもない!

 

雨の日は音も くぐもる。

生徒さん方、お分かり?音が違うの。

電子ピアノの方は関係ないけど。

あれは電化製品ですから。

 

よく野外コンサートで、雨降りしきる中、

お客さんはずぶ濡れ、ステージにはかろうじて

降りこんではきてないけど、湿度おそらく

90%以上だろう所で、仕事といえども、

バイオリンなどの木製楽器をさらすのは、

さぞかし嫌だろう!とお察しします。

 

高い楽器、大切な楽器を、アンカンファタボー

(そんな英語ある?)な環境に置くこと自体、

自分の身を削るぐらいイヤなこと!

よく分かります!!!

 

だからうちも、他の部屋や廊下がベタベタな

床になっても、ピアノ室だけは、クーラー

かけて、湿度を下げて、扇風機で空気の流れを

ピアノの下までかき混ぜて、(ピアノ裏注意

ですよ!木がむき出し!カビ生え易いよ!)

充分やった後、防音室だから密閉率高い!

窓もドアもキッチリ閉めとくの!

 

だって、人間が手を貸してやらないと、

ピアノちゃんは一人で何にもできないんだもの!

「ピアノちゃんだって!バカじゃないの?」と

思ったあなた!!!

自分ちのワンコかニャンコを「うちの○○ちゃん

がね」て、他人にしゃべってるくせに!!!

 

生楽器てのは、生きてるし、お世話も要るん

だって!   調律もしなきゃいけない!

「調律せなあかんから、電子ピアノに買い替え

ようよ」なんて言ってる人、アンビリーバボー!

あなたは、今以上のトキメキ、喜び、成長、

感性、デリケートさ、センシティブさ、

テクニック、表現力、これらを無知なゆえに、

自ら拒絶してしまっていることに気づいていない!

 

ホントに生ピが売れない時代だね!?

私しゃ 楽器店の人間じゃないから、売り上げは

どうでもいいんだけど、私の小さい頃、生ピを

持って習ってる子が多かったよ!

しかも、今の物価にしたら、100万円は超える

シロモノだった!

だけど親は苦しい中、月賦で買ってくれたよ!

 

戦中戦後を貧しい中生き抜いて、きっと親世代は

文化に飢えていたんだ!

だから子供にレコードを買い、生活を切り詰め

ピアノを買ってやった!

「例えば、これが何個買えるぐらい、それぐらい

高価な物なんだよ!」て私に言い聞かせて。

 

私は、一年生だったと思う。

お金の価値がまだよく分からなかった。

「へーーそんなに高い物を買ってくれるんだな?

親に悪いな〜」と思って、自分が唯一持ってた

お年玉の残りの¥500を母親に差し出したよ!

「これを使って!」て。

ここで、ふつうの家は「それはお小遣いなんだ

から、いいよ!高価な物だ!て、わかって

くれたらいいんだよ!」と言うだろうが、

うちの親は違った!

「そうか!」といって、¥500を何の抵抗もなく

受け取った!!!

 

よっぽど家計がひっ迫してたんだな〜  (>人<;)

 

おかげで、今の私がいるわけで、良い楽器とは

どういう物なのか?耳を育めたのも、この

「生ぴ高いから子供の¥500も支払いに回した!」

ところから、始まったわけなのであります。

 

 

 

 

 

icon-sec-02

まずは無料の体験レッスンで!

ギター、ピアノ、ウクレレ。
全てのレッスンを無料で体験していただけます。
お気軽にお電話ください。

無料体験のお申こみ

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る