ギターピアノ教室 前田

073-454-9137073-454-9137

  • mail
  • instagram
spnavtel
ギターピアノ教室 前田
  • FB
  • Instagram
  • ギター・ウクレレ教室について

    TEL
    073-454-9137
    携帯
    090-4764-9331
  • ピアノ教室について

    携帯
    080-3853-1074
icon-sec-04

桂のブログ

弓飛ぶ!

2回目の三楽章の演奏でわかった!

 

私が後ろのトライアングルのおばちゃんに

気を取られている間(だっておばちゃん、

いきなり立ってチリチリチリチリ!と

派手に鳴らすんやもの!しかも今まで

座ってただけで、何の楽器担当かも?

分からなかったから、どうしても

そちらに目と耳が!)、チェロの宮田さんは

ピッチカート(指で弦を弾く奏法)をしていた。

 

弦の人たちは、右手で弓を持ったまま、

余らせた指でピッチカートをせねばなんねー!

若い宮田さん!気合い入れてピッチカートしたん

やろうなー!? チェロのピッチカートって、

弦太いし、力要るだろうし!

その勢いで、弓が手から離れ、右前下へ、

ゴンゴン!!!と、落ちたのだった!!!

 

ピッチカートの後、直ぐにふつうに弾く

スタイルに戻って弾かなければならなかった

から、直ぐに取りに行っても、演奏が間に

合わず、継続断念!指揮者にアイコンタクト!

という結果になったことが、2回目の演奏で

わかった!

 

演奏もさることながら、バイオリンやチェロの

弓って、シロウトが想像する以上にお高い

らしい!!?

楽器自体は何億円!?とか言うの聞いたことが

あるだろうが、弓も(白い部分は馬の毛)結構

お高く、昔、楽器店の社員さんが、控え室で、

親切心で弓を持って運ぼうとしたとたん!

演奏者に「何してるんですか?手を触れないで」

と、叱られたそう!!!

 

それぐらい高くて演奏そのものに影響する

弓を2m上から勢いよく飛ばしてゴンゴン!は

チェリストにとって「弓大丈夫か?」という

心配の方が、演奏が止まるより心配だった

のでは?と、楽器違いで想像でしゃべってる

おばはんココにあり!!!

 

ここまで、おばさんが金髪か?とか、弓を

落とした!とか、クラシック音楽の

シロウトか??!?!と疑う文章を

ツラツラと連ねてまいりましたが、

演奏の感想は次回!

 

 

icon-sec-02

まずは無料の体験レッスンで!

ギター、ピアノ、ウクレレ。
全てのレッスンを無料で体験していただけます。
お気軽にお電話ください。

無料体験のお申こみ

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る